ミトラのブログ 秘境と異世界

田舎の写真、異世界、マネー、雑学

 YouTube『ミトラ mitra の風景』

”寝袋”を室内で使ったらとても暖かく眠れる話

実際に買ったのがこの商品、セールが終わっても同じ値段でした

f:id:nonoty32a:20191127135204j:plain

Amazon | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 寝袋 【最低使用温度12度】 封筒型シュラフ フォルノ 800 ダークネイビー M-3473 | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) | 寝袋・シュラフ


今回はアマゾンで買った寝袋の話です。

自分で使って100%良いと思った商品しか紹介しないので、年に何度もないコーナーです。

大坂は日本の中では温かいが、冬はそれなりに寒く就寝時は寝冷えします。

電気毛布や厚手の毛布と布団、それに厚着をして寝ますがそれでも寝ている間に身体が冷えます。


以前ネットで「室内でテントを張って寝ると冬の北海道でも暖房不要」のようなブログを見て魅力を感じました。

さすがに室内でテント生活しようとは思わなかったが、寝袋を寝具として使うと温かいと書かれていました。

先日のアマゾンブラックフライデーというネットセールで、特に欲しい物もないなと思って眺めている時に思い出しました。


寝袋売り場をチェックすると「買ってくれ」と言わんばかりに、おあつらえ向きの寝袋が表示されていました。

「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 寝袋 【最低使用温度12度】 封筒型シュラフ フォルノ 800 ダークネイビー M-3473 」という商品です。

アウトドア用品の知識は乏しいがキャプテンスタッグは聞いたことがあり、ホームセンターでも見かけた気がします。

 

写真は安っぽく写ってますが、触った感じはフワフワで良いです

f:id:nonoty32a:20191127135615j:plain

チャックを開けた内側もフワフワした素材、完全に入ると汗だくになった

f:id:nonoty32a:20191127135725j:plain


最低使用温度12度は室内で布団をかけて使用するのにちょうどよく、希望した「封筒型」でした。

寝袋にはいくつかの種類があり、封筒型だけがチャックで横や足を開け閉めして温度調整可能です。

マミー型は防寒性能が非常に高いですが、温度調整ができないので冬のヒマラヤとかに向いています。


価格は通常5702円のところを75%引きの1,414円で配送無料、因みに『ブラックフライデー』が終わっても同じ値段だったので、何が通常価格かは分かりません。

冬はアウトドアのオフシーズンなので、冬の間は安いよという事かも知れません。


注文した翌日にはさっと届き、さっそくその日は寝袋に入り上から毛布と布団を掛けて寝てみました。

暑すぎて何度も目が覚めて、汗をかいてギブアップし寝袋から脱出しました。

寝袋ではなく「敷き毛布」として使ってみると、これが非常に快適で下からポカポカと保温されます。


あまり寒くない時は敷き毛布として使い、寒くなったら中に入って寝袋として使うのが良いようです。

幅75×長さ185cmでチャックを開けれるので、入っても狭苦しさは感じないと思います。

冬に寝てる間に身体が冷える人は、一度試す価値があると思います。

 

暫く敷き毛布として使います。下から温まる感じで快適

f:id:nonoty32a:20191127135851j:plain