ミトラのブログ 秘境と異世界

田舎の写真、異世界、マネー、雑学



十津川村の山崎地区の集落

f:id:nonoty32a:20191006174552j:plain

 

整備された真っすぐな国道

前回は奈良県十津川村の花園地区にある二村小学校跡に行き、国道168号線に戻って南下しました。

168号線は最近整備されて直線的になったが、現在はう回路になった旧道も存在します。

昔からの集落はすべて旧道沿いにあり、数世帯から20世帯以上の大集落が点在する。


十津川村を南北に流れる十津川は龍に例えられ蛇行しているが、現在の国道168号線は大きな橋によって直線的に進んでいる。

風屋ダムを過ぎて南下すると十津川を渡る大きな水道橋があり、その先を右に入ると林道山崎谷線があります。

一応十津川村のすべての道を走るのが目標なので、突き当りまで走ってみることにします。


集落どころか民家もなかったが途中に美しい砂防ダムがあり、突き当りは防災工事をしていてそれなりに楽しめた。

再び168号線を南下すると少し先に岩村橋という赤い橋があり、曲がり角に地蔵があるので「地蔵橋」と勝手に呼んでいる。

この地蔵は特に誰かがなくなったのではなく、交通安全を祈願して建てられたようです。

 

風屋ダムを過ぎると巨大な水道橋の下をくぐる

f:id:nonoty32a:20191006172059j:plain

林道山崎谷線に入ってみます

f:id:nonoty32a:20191006172210j:plain

砂防ダムがあります

f:id:nonoty32a:20191006172344j:plain

水が落ちる様子がきれいです

f:id:nonoty32a:20191006172455j:plain

行き止まりは防災工事をしていました

f:id:nonoty32a:20191006172532j:plain

再び十津川沿いの国道に戻る

f:id:nonoty32a:20191006172639j:plain

地蔵と橋がとても美しい

f:id:nonoty32a:20191006172751j:plain

地蔵からはさっきの水道橋も見えます

f:id:nonoty32a:20191006172903j:plain


曲がりくねった旧道沿いの集落

地蔵橋を渡るとほんの数軒ほどの民家からなる集落があり、すぐに行き止まりになっていました。

岩村橋を過ぎると十津川は大きく迂回し山崎大橋があるが、迂回した内側には川に囲まれるように大きな集落がある。

山崎集落は衛星写真で見ると戸数20軒以上で、十津川村としては最大級の集落の一つです。


山崎集落には木材加工会社があったり団地のような一角があったり、自動販売機や商店らしい建物もあります。

十津川村で商店があるのは相当発展しているという事で、他では観光地の谷瀬周辺と役場周辺でしか見られません。

山崎集落には十津川村では珍しい水田もあり、面積は狭いもののきれいに整備され手入れされている。


現在では水田を1枚1年間耕しても数万円の収入にしかならないが、豊かな農村には必ず水田がある。

水田があるのはそれだけの平地があり水が豊かで働く世代の人が住んでいるので、結果として豊かになる。

山崎の隣りは池穴という集落だが、実は昔はさらに隣に中原集落があったが現在は廃村になりバイクですら行く道がない。


十津川村にはこのように完全に廃村になり、辿り着く道すらなくなった集落がいくつもあると言われている。

機会があったらそのうち訪ねてみたい

 

山崎集落、団地っぽい建物に軽トラではない車が何台も止まっている

f:id:nonoty32a:20191006173127j:plain

水田が手入れされている集落はだいたい豊かです

f:id:nonoty32a:20191006173229j:plain

近くにははざかけもあった

f:id:nonoty32a:20191006174007j:plain

国道沿いのバス停は廃屋じゃなく「使われている」感じがする

f:id:nonoty32a:20191006173346j:plain

自動販売機があるのは十津川村ではちょっとした都会

f:id:nonoty32a:20191006173506j:plain

過疎ながらも人が住んでいて新しい建物が多い

f:id:nonoty32a:20191006173634j:plain

花が咲く道から入って行く家

f:id:nonoty32a:20191006173841j:plain

 橋の向こうの山が山崎集落で、周囲を川が回り込んでいる

f:id:nonoty32a:20191006174142j:plain