ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


大阪茨木市の、隠れキリシタンの里を訪問

f:id:nonoty32a:20190624125320j:plain


隠れキリシタンの里

隠れキリシタンは長崎が有名で、大阪にも居たことはあまり知らていない。

実は自分も通りかかって偶然看板を見ただけで、それまでまったく知りませんでした。

江戸時代のキリスト教禁止は徳川幕府が発した禁令で、地域によって取り締まりには差があったようです。


茨木は江戸時代に幕府領でしたが、島原にしても京都にしてもキリシタンが潜伏していたのは幕府領が多かったようです。

幕府領は直轄領のため、治安を維持するためなどの目的で年貢率が低かったり、領民に「甘い」ところがあった。

比べると諸藩はいつ幕府に取り潰されるか分からず、徹底的にキリシタンを弾圧する傾向があったようです。


例えば元禄時代に有名な赤穂浪士の討ち入り事件がありましたが、あの時赤穂の領民は重税と弾圧で苦しんでいたので、赤穂が取り潰されて大喜びしたと伝わっています。

時代劇では藩の取り潰しは悲劇として描かれるが、領民にとっては破産国からアメリカ国民になるようなおめでたい話でした。

茨木市の隠れキリシタンに戻ると、茨木市の隣りの高槻市にあった高槻城主・高山右近が戦国時代にキリシタン大名でした。

 

道端に止まって田んぼの風景などを撮っていると

f:id:nonoty32a:20190624125536j:plain

気になる看板があったわけです。現在地は右下の神社です

f:id:nonoty32a:20190624125635j:plain

クルス山の曲がり角近くに地蔵ならぬマリア像があります

f:id:nonoty32a:20190624125752j:plain

発見後の明治時代に教会が建てられた。

信者が増えなかったのか、その後廃止されている

f:id:nonoty32a:20190624125913j:plain

一番上に上ると行き止まりで、案内もありません

f:id:nonoty32a:20190624130029j:plain

少し歩くと案内板がありました

f:id:nonoty32a:20190624130137j:plain

農村の間を高速道路がぶった切るという物凄い地形

f:id:nonoty32a:20190624130233j:plain

道はさらに狭くなっていきます

f:id:nonoty32a:20190624130342j:plain

 

隠れキリシタンが集まった裏山

キリシタン大名は仏教や神道を捨ててキリスト教に帰依した大名で、幕府が禁止する前はかなり存在しました。

当時西洋は大航海時代でアジアやインドまで支配下に置きつつあり、キリスト教国との交易で莫大な利益を上げることが出来たからです。

金目当てだけでなく本当にキリスト教を信仰した大名もいて、当然ながら家臣や領民もキリシタンが増えていった。


1612年に禁教になってからも、屋根裏や土蔵に集まって密かに神に祈ったり、裏山で集会をしたりしていました。

茨木市のキリスト教は江戸後期には途絶えたようで、明治維新後の1919年に裏山や民家から多数のキリシタン遺物が発見されて明らかになった。

大阪府道1号から茨木市千提寺、下音羽地区への入り口にキリシタン遺物資料館の小さな看板があり、辿って行くと小さな資料館がある。


資料館は小さな洋館で展示物も少ないが、村に点在する発見場所を見て回ることが出来る。

農村なので高速道路が貫通している以外は江戸時代の面影を残していて、多くの遺物が発見された「寺山」に上ることが出来る。

寺山は現在は竹藪になっていて周囲から見えず、禁令になってからしばらくは、ここに信者が集まったと考えられる。

 

クルス山から見下ろした農村

f:id:nonoty32a:20190624130416j:plain

この道で良いのか不安になった頃、倒れた標識があった

f:id:nonoty32a:20190624130505j:plain

育ちすぎた竹の子が竹やりとなって塞いでいる

f:id:nonoty32a:20190624130607j:plain

坂を上るとまた標識があります

f:id:nonoty32a:20190624130653j:plain

怪しげな雰囲気の竹藪

f:id:nonoty32a:20190624130737j:plain

この辺の樹は変な形をしている

f:id:nonoty32a:20190624130829j:plain

竹藪の間に何かがある

f:id:nonoty32a:20190624130942j:plain

ここで発見されたというレプリカでしょう

f:id:nonoty32a:20190624131041j:plain

つづく