ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


西成あいりん地区に異変 人口急増中?

f:id:nonoty32a:20190622124913j:plain

 

あいりん地区に急激な変化

大阪西成区のあいりん地区は定期観測しているが、ブログを見直したら2019年2月が最後になっていました。

春頃に写真を撮った時も感じてはいたのだが、改めて行ってみるとはっきり感じられるような違いがあった。

去年つまり18年とか17年はあいりん地区が閑散としていて、景気が良くなったのでドヤの住人が減ったような記事を書いた記憶があります。


19年の2月頃はなんだか住人が増えているような気がし、6月現在は激増しています。

温かくなったから外に出ているだけという解釈もできるが、それにしても人通りが多すぎます。

あいりん地区ではその人がホームレスかどうかは一目で判別がつき、生きていそうならホームレスではなく、生きてるか死んでるか不明なのがホームレスです。


軽く一周した限りホームレスは(職安以外では)あまり見かけず、残りは働いているか生活保護受給者です。

これも区別は難しくなく、高齢でヨボヨボ歩いていたら生保者、比較的若く(60代だが)しっかりしていたら労働者です。

見たところ(この地区としては)身なりが良い人がほとんどで、一時のようにボロボロの服を着ている人が居ない。

 

ホームレスの聖地?だったあいりん職安が19年3月31日で閉鎖された。これは5月17日の職安周辺

f:id:nonoty32a:20190622125153j:plain

建物が閉鎖されたので外に住んでいる

f:id:nonoty32a:20190622125401j:plain

「家」を作れない人たちは地べたで寝ていた

f:id:nonoty32a:20190622125511j:plain

ホームレス達の荷物と家、こうした中でも観光客の女性が路上を歩いている

f:id:nonoty32a:20190622125650j:plain

働けず生活保護も受けれない人はこうして暮らしている

f:id:nonoty32a:20190622125813j:plain

あいりん隣のスーパー玉出前、路上でたむろするのはいつもの風景(5月17日)

f:id:nonoty32a:20190622125915j:plain

 

さっきと同じ職安横の6月21日、ブルーシートの「家」が増築されています

f:id:nonoty32a:20190622130042j:plain

 

あいりん地区にお金が流れ込んでいる

つまりホームレスで各地を彷徨った末、あいりん地区に流れ込んだのではなく、あいりん地区に住んで仕事をする人が増えている。

日本は今好景気だそうで、大阪でも家賃が上がったりしています。

それに賃貸住宅では保証人か保証会社の保証が必要で、身寄りがないと審査に通らない。


いわゆる「ドヤ」は賃貸住宅ではなく簡易宿舎(ホテル)なので、一切の手続き不要で今すぐ住める。

手続きとしては一か月分の前家賃を払い、管理人の面接を通れば今すぐ入居できます。

逃亡犯でも入居できたほどなので、よほど協調性がない人や汚い人以外は住めるはずです。


もうひとつの変化は観光化で、観光客を意識した作りのドヤが増えました。

あいりん地区の中心部にもチラホラ見かけるし、地区の外側では英語の看板が目立ち、アジア人や西洋人が闊歩しています。

女性だけの外国人グループも見かけるし、ドヤの中心部でゴロゴロと大きな旅行ケースを押して歩いています。

 

職安反対側は有料駐車場になり、高級車が並んでいる。生保関係や介護団体でしょう

f:id:nonoty32a:20190622130149j:plain

一定間隔で交通誘導員が立っています

f:id:nonoty32a:20190622130337j:plain

地べたで寝ている人は減りました

f:id:nonoty32a:20190622130441j:plain

地区中心部は人が多すぎてあまり写真を撮れなかった

これは周辺部ですが去年はもっと少なかった

f:id:nonoty32a:20190622130543j:plain

三角公園の角、ボーっとしてる高齢者は生保、元気が良さそうなのは労働者でしょう

f:id:nonoty32a:20190622130728j:plain

ホテル万葉、今日見た中で最安でした

f:id:nonoty32a:20190622131014j:plain

1か月の家賃が2万円です。好きな人はどうぞ

f:id:nonoty32a:20190622131048j:plain

 

中心部の治安は悪化している

ただ外国人が泊まるようなドヤは正確にはあいりん地区の外側で、さすがに中心部には少ないです。

料金は浮浪者向けのドヤは1100円から1800円、旅行者向けは1500円から2500円くらいが多かった。

この辺は曲がりなりにも大阪の市街地なので、ビジネスホテルは5000円から1万円以上もします。


2000円以下でカプセルホテルよりやや広い空間は、外国人バックパッカーには十分なのでしょう。

3つめの変化はあいりん地区の空気が険悪になった事で、貧困者が多かった時の方が和やかなムードでした。

くるっと一周しただけで「みかじめ料」を取るような男にあいさつする風景を見たし、「写真を撮るな!」と脅す男も居ました。


前はこういう事はなかったので、あいりん地区にお金が集まることによって「筋の人」も集まったのかも知れません。

地区のあちこちにリサイクルショップができたが、想像では以前道路で露店をやっていた人が店を構えただけです。

西成警察の取り締まりで露天商は一掃され、代わりにドヤの1階を借りて店を営業しているのです。


最大の変化は建て替えのため職安が閉鎖された事で、住んでいたホームレスは路上に放り出されました。

こうしてあいりん地区も徐々に変わりつつあります。

 

ここは3年前から同じ値段です

f:id:nonoty32a:20190622131319j:plain

アパートプラザは3万円で冷暖房完備、テレビ冷蔵庫風呂あり

f:id:nonoty32a:20190622131454j:plain

生活保護手続きを代行してくれるホテルもあります

f:id:nonoty32a:20190622131614j:plain

 

地区で急増してるのがリサイクルショップ

f:id:nonoty32a:20190622131838j:plain

写真を撮るなと怒鳴られた店、撮られると困るような商売なんでしょう

f:id:nonoty32a:20190622131916j:plain

最近増えてるのが観光客を意識したドヤ

f:id:nonoty32a:20190622131659j:plain

中身はドヤなんですが看板だけゲストハウス風

f:id:nonoty32a:20190622132039j:plain

あいりん地区の道路向かい側は外国人向けホテルが並んでいます

f:id:nonoty32a:20190622132132j:plain

これも見た目と看板を変えただけで中身はドヤ

f:id:nonoty32a:20190622132222j:plain

元ドヤは激安ホテルとして外国人に大人気

f:id:nonoty32a:20190622132333j:plain

これも部屋の作りと値段が元ドヤ

f:id:nonoty32a:20190622132538j:plain

おわり