ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


京都で春の銀閣寺に行き、苔や桜を見る

f:id:nonoty32a:20190424184755j:plain


哲学の道から銀閣寺へ

前回は京都の蹴上インクラインで桜を見ましたが、その後銀閣寺に向かいました。

銀閣寺は現在は東山慈照寺の一部になっていて、有名な建物や庭園はその中にあります。

銀閣寺町に入ると観光バスや自動車の渋滞ができていて、脇道をすり抜けて出た場所にあった駐車場に入りました。


周辺に無料でバイクを止める場所がありそうになかったのだが、バイクの駐車料金「2時間400円」には驚きました。

厳密に2時間ではないらしいが看板には「2時間以上の駐車はご遠慮ください」と書かれている。

金閣寺は確か1時間100円ほどで天龍寺は無料、法隆寺は一日100円だったので400円は過去最高料金でしかも2時間まで。


銀閣寺の庭園に入るには500円の入場料が必要なので合わせて900円、御朱印とかももちろん有料です。

銀閣寺前の桜並木や小川が流れている哲学の道は無料ですが、桜満開だったので平日なのにかなりの人出でした。

ここは京都では珍しく中国人よりも欧米人観光客の方が多く、フランス語やロシア語っぽい言葉が聞こえた気がします。

 

バイク2時間400円、普通車1000円の駐車場

f:id:nonoty32a:20190424185024j:plain

哲学の道は桜が満開でした

f:id:nonoty32a:20190424185517j:plain

写ってないところは物凄い人出
f:id:nonoty32a:20190424185330j:plain

午前10時ごろなので参道はまだ空いている

f:id:nonoty32a:20190424185649j:plain

入場料(お札志納金)500円、駐車場に400円払った直後なので高いと感じる

f:id:nonoty32a:20190424185826j:plain

出口にある御朱印売り場、外国人も御朱印が欲しいんでしょうか

f:id:nonoty32a:20190424190033j:plain

これが最初に見える砂の模様

f:id:nonoty32a:20190424190506j:plain

三角錐の向月台も砂でできている

f:id:nonoty32a:20190424190544j:plain

足利義政の銀閣、フランスっぽい2人とはこの後も一緒になる

f:id:nonoty32a:20190424190656j:plain

 

570年変わらない風景

桜が満開の哲学の道から門前まで参道が伸びていて、土産物や食べ物を売っている。

ソフトクリームや団子、お茶、蕎麦などに外国人や家族連れ、修学旅行生が立ち止まっている。

500円を払って庭園に入ると写真で見たあの「銀閣寺」があり、砂で描いた模様や三角錐の向月台もある。


銀閣寺には裏山があり、庭を歩くと自然に登って行くようになっている。

山の下の自然林には苔がびっしりと生えていて、苔には小さなピンクの花が咲いていました。

山を上る道は太陽光が葉っぱに遮られて、緑色の空間に包まれたような不思議な区間です。


一番上に上ると樹々の間に銀閣寺が見下ろし、京都の街並みも遠くに見降ろすことができる。

金閣寺には空間の広がりや人工的に作られた自然を感じるが、銀閣寺は自然林や苔に包まれた「囲まれ感」を感じる。

銀閣寺から裏山を見た風景は、足利義政の頃とあまり変わっていないのでしょう。

 

月明かりに照らされたら宇宙を感じるでしょう

f:id:nonoty32a:20190424191427j:plain

トレヴィの泉みたいにみんなコインを投げていますが、そういう所なんでしょうか

f:id:nonoty32a:20190424191723j:plain

白いゴミみたのが見えますね

f:id:nonoty32a:20190424191918j:plain

苔の花で、とても小さく可愛い

f:id:nonoty32a:20190424192002j:plain

ちょっとした山登りっぽくなる

f:id:nonoty32a:20190424192151j:plain

柔らかい緑に包まれて自然林の中を歩きます

f:id:nonoty32a:20190424192319j:plain

山の上からさっき居た銀閣が見える

f:id:nonoty32a:20190424192553j:plain

一番上は京都市内が見渡せるが、広場では無いので立ち止まれない

f:id:nonoty32a:20190424192705j:plain

降りていくと苔がびっしり生えている

f:id:nonoty32a:20190424192831j:plain

枯れた木に廃墟感が感じられる

f:id:nonoty32a:20190424192920j:plain

苔ワールド

f:id:nonoty32a:20190424193018j:plain

苔の中は立ち入り禁止です

f:id:nonoty32a:20190424193124j:plain

 再び銀閣の裏側を通って出口です

f:id:nonoty32a:20190424193308j:plain

おわり