ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


十津川村の旭川と旭ダムを目指す

猿谷貯水池脇の集落

f:id:nonoty32a:20190330195945j:plain


旭川沿いにもみじ街道を進む

奈良県の平野部から国道168号を通って十津川村に行く途中で、東に曲がって「もみじ街道」を進みます。

この辺りの道は国道を除くとどれも中央分離帯がない狭い道で、町道か村道レベルです。

もみじ街道は旭川という十津川の支流に沿っており、両側の山に挟まれた曲がりくねった山道です。


この辺りの道の大半がそうであるように山側は岩盤がむき出しで、川側はところどころガードレールが省略してある。

山と山、山と川の僅かな平地には数軒の集落があり、農地のほとんどは傾斜地になっている。

そもそも平地など存在しないのだが、山を削って平地にしたり、段々畑のように階段状の平地を作っている。


もみじ街道沿いにも小さな集落が点在しているが、空き家が崩れたり放置された農地に草が長く伸びている所が多い。

この辺に家を建てるのは山を削るか石垣を積むか、傾斜地に柱を立てる高床式住居しかない。

かなりの苦労をして建てたのが一目で分かるが、今は住む人もなく荒れている家が多い。


そうした道を奥に進むと旭ダムがあり、紅葉の季節はさず美しいでしょうが、まだ桜が咲く前なので枯れた木が生い茂っているだけでした。

 

早朝のあべのハルカスは重たい雲に覆われていた

f:id:nonoty32a:20190330200052j:plain

大塔村の猿谷貯水池です、前より水位が上昇しています

f:id:nonoty32a:20190330200204j:plain

木も成長していて撮影の邪魔ですね

f:id:nonoty32a:20190330200402j:plain

少し高い場所に上ってみます

f:id:nonoty32a:20190330200453j:plain

すると頭上に雲がさして水面が青い色に変わりました

f:id:nonoty32a:20190330200644j:plain

貯水池にかかる赤い橋が湖面のグリーンとマッチしている

f:id:nonoty32a:20190330201602j:plain

 橋からの水面もこの日はとても綺麗でした

f:id:nonoty32a:20190330200950j:plain

貯水池を過ぎると旧大塔村の集落があります

f:id:nonoty32a:20190330201318j:plain

今にも崖崩れしそう、というか崩れたので砂防ダムを造ったのでしょう

f:id:nonoty32a:20190330201441j:plain

旭川は水位が少なく静かです

f:id:nonoty32a:20190330201735j:plain

バスが通っているようです

f:id:nonoty32a:20190330201823j:plain

樹々の向こう側には集落が見えます

f:id:nonoty32a:20190330201954j:plain

集落といってもこんな感じ

f:id:nonoty32a:20190330202048j:plain

ここは宿泊施設のようですが営業してるのかわかりません

f:id:nonoty32a:20190330202146j:plain

続く