ミトラのブログ 秘境と異世界

田舎の写真、異世界、マネー、雑学



柏原市堅上地区を訪問

狭い傾斜地に住宅が密集している

f:id:nonoty32a:20190212193238j:plain

 

大坂の田舎、堅上

大阪府柏原市の堅上地区は1889年の合併で堅上村になり、1939年の合併で柏原町(現柏原市)の一部になった。

柏原市の他の地域は平野部に広がっているのに対し、堅上地区は大和川から信貴山にかけての山間部にある。

信貴山は景勝地で知られる観光地になっていて、大和川に下る間に小さな集落が点在している。


小さいながらも小中学校や役場、駐在所や消防団など施設は充実していて、この手の集落としては「都会」ともいえる。

河内堅上駅は大和川の川沿いにあり、JR西日本の関西本線が走っていて、1時間に3本から5本が停車する。

駅には無数のバイクが止まっているので、ここにバイクできて電車で通勤する人が多いようです。

 

高床式みたいな倉庫が

f:id:nonoty32a:20190212195056j:plain

河内堅上駅は木造駅

f:id:nonoty32a:20190212195207j:plain

おしゃれに風化した木造ベンチ

f:id:nonoty32a:20190212195307j:plain

駅近くの小屋

f:id:nonoty32a:20190212195359j:plain

鉄橋をくぐって向こう側に行く

f:id:nonoty32a:20190212195445j:plain

廃屋が並んだ通りがある

f:id:nonoty32a:20190212195533j:plain

これも廃屋ですね、多分

f:id:nonoty32a:20190212195606j:plain

最初の集落に戻ると大池という貯水池があります

水面に立っているのは消防団かなにかの施設

f:id:nonoty32a:20190212195736j:plain

傾斜地集落の狭い道

f:id:nonoty32a:20190212195848j:plain

 散歩にはいいけど住むには大変そうです

f:id:nonoty32a:20190212195931j:plain

つづく