ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


天ノ川沿いの旧大塔村を訪問

f:id:nonoty32a:20190207203311j:plain

 

林業壊滅で自然に還る大塔村

国道168号線沿いの旧大塔村は現在は奈良県五條市に合併されて、一部の地名にだけ大塔町が残されている。

旧大塔村だった地域のどこにも町というほど賑わった場所は無く、小さな商店すらどこにもない。

住民がどうやって買い物しているのかは謎で、訪問販売などがやってくるのかも知れない。


車があればスーパーやコンビニに行けるが往復1時間はかかり、国道がバイパス風に整備されるまでは断崖絶壁だった。

旧大塔村は林業で発展したらしく、昭和前半までは建築材料や燃料などに重要な役割を果たしていた。

だが高度経済成長によって輸入した方が安くなってしまい、昭和50年頃から日本の林業は壊滅しました。


田んぼや畑が中心だった平地の村は国が保護してくれたが、林業中心だった奈良県南部の村はすべて壊滅しました。

そして無数の廃屋と廃小学校、廃村が生まれて緑に還りつつあります。

もう数十年もするとかつて人間が暮らしていた村々は、富士の樹海のようになるのでしょう

 

前に上った神社がある大塔町辻堂の砂防ダムを対岸から見る

f:id:nonoty32a:20190207201857j:plain

中はそうでもないのですが、離れて見ると寂しい景色です

f:id:nonoty32a:20190207202125j:plain

いたるところに土砂崩れや水害跡がある

f:id:nonoty32a:20190207202248j:plain

大塔町宇井の集落です

f:id:nonoty32a:20190207202504j:plain

ここでも土砂崩れの工事をしています

f:id:nonoty32a:20190207202539j:plain

よく見ると人が崖にしがみついて作業しています

f:id:nonoty32a:20190207202630j:plain

吊り橋が掛かっていますね

f:id:nonoty32a:20190207202726j:plain

清水橋という吊り橋で、対岸の集落への生活路です

f:id:nonoty32a:20190207202813j:plain

有名じゃないけど綺麗な橋です

f:id:nonoty32a:20190207202908j:plain

看板は大塔村と書いてあります

f:id:nonoty32a:20190207202947j:plain

つづく