ミトラのブログ 秘境と異世界

田舎の写真、異世界、マネー、雑学

冬の高齢者健康リスク 餅、風呂、コタツ

コタツと室内の温度差、長時間同じ姿勢でいる事、脱水症状などが高齢者に危険

f:id:nonoty32a:20190125193724j:plain

 

コタツでヒートショックする高齢者

例年冬になると風呂によるヒートショックや、餅が喉につかえた事により高齢者がなくなっています。

加えて冬の暖房の定番「コタツ」でなくなっている高齢者がかなり居るとされています。

餅は高齢になると噛めなくなるうえ、飲み込む力も衰えるので、のどにつかえて呼吸器官を圧迫します。


風呂は寒さで収縮した血管が急に温まって拡大するため、血圧が上がった状態から急激に下がります。

血圧の変動は心臓に負担をかけ心筋梗塞や脳卒中が起こりやすく、10℃以上の温度差があると危険とされています。

短時間で10度以上の温度差があれば、入浴と同じようなヒートショックが起こり得ます。


コタツは温度変化が入浴より穏やかですが、部屋が寒いと上半身と下半身でかなりの温度差になります。

コタツに入っている時は足を伸ばすがこの姿勢は血流が悪くなり、特にコタツで寝ると血行が悪化したまま血圧が下がります。

通常ふとんで寝る時よりも心臓や脳に負担がかかり、やはり心筋梗塞や脳卒中が起こりやすくなります。


またコタツでは脱水症になりやすいが、高齢者は喉の渇きを感じないので水分を取らない人が多い。

これらの相互作用によってコタツでなくなってしまう高齢者が多い。

対策としてはコタツで寝ない、水分を取る、部屋を暖めるなどすれば問題ないとされています。