ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


アマゾンで返品多いとアカウント停止になる?

一度停止になったら復活は難しい

f:id:nonoty32a:20190111192507j:plain

http://importbusiness.tokyo/wp-content/uploads/2017/10/S30105619a.jpgより引用

 

迷惑ユーザーのアカウント停止へ

アマゾンは返品やキャンセルが手軽にできるのがウリになっていますが、今後返品が多いユーザーはアカウント停止にすると言っています。

主にアメリカでの話ですが、2018年の前半に返品を理由として多くのアカウントを停止しました。

また同じ時期に不正レビューを投稿したユーザーも、アカウント停止になっていました。


不正レビューは今やあらゆるアマゾンの商品で横行していて、レビューの売り買いが当たり前になっています。

商品を購入してキャンセルし、星5つをつけるだけで業者から報酬を貰えます。

アマゾンではなぜか購入をキャンセルや返品しても評価をつけることが可能なので、このシステムを悪用する人が居ます。


つまり買ったことにしておいて、商品を送ったことにしておいて、実際にはお金のやり取りや発送もしていないのです。

業者のコストは星を買う料金だけなので、まじめに商品を売って評価を増やすのはバカらしく感じるでしょう。

アマゾン側は不正レビューを見つけ次第アカウント停止するが、それを見越してアカウントを量産する人間もいる。


現在はクレジットカードを登録しなくてもアカウントを作れるので、不正レビューをなくすのは困難です。

返品やキャンセルについてはアメリカの消費文化も関係していて、アメリカ人は自己中心的なので返品も多い。

アメリカは国土が広いので送料も高く、平均すると日本の2倍から3倍はかかっています。


すると返品のダメージも日本の数倍あり、おまけに日本より返品が多いのでアカウント停止という措置に出た。

今のところ日本では大規模な停止祭りは確認されていないが、今後不正レビューや大量返品者には厳しくなるでしょう。

アメリカの例では返品が年間数回でも停止された人が居て、商売でアマゾンから仕入れている人は要注意です。


一度アカウント停止されるとカードを変えても同じ住所で再登録するのは不可能で、住所が同じ家族も一緒に停止されます。