ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


アマゾンとワークマンで冬のバイク服を準備

アマゾンで買ったハンドルカバー

f:id:nonoty32a:20181212160207j:plain

 

去年の敗北を今年に生かす

あっという間に冬が来て大阪でも12月10日に最低気温2度を記録しました。

大阪奈良京都あたりでも最低0度くらいになるので、防寒対策をしないとバイクには乗れません。

去年の反省点を踏まえて、万全な防寒対策をしてみます。


まず去年はワークマン最強の防寒着である「イージス」を購入し、ズボンはサイズが小さかったので別に購入しました。

この防寒ズボンは裏アルミというタイプで、裏地が銀色のアルミ箔みたいになっていて、防風防寒効果が高いです。

加えてイージスの防寒手袋、ワークマンの防寒インナー(ももひきっぽいもの)で武装していました。

 

f:id:nonoty32a:20171024143015j:plain

http://store.workman.co.jp/item/item.html?i=1490より引用

 

去年はイージスの中に普通の服とインナーを着たので保温効果が持続しなかった。


このスタイルだと1時間は暖かいのだが、真冬には1時間経過すると指先と首筋が冷たくなってきます。

2時間走ると手足が冷えてきて、腹や太もももだんだん冷たくなってきます。

歩いているがじっとしていれば温かいのだが、風にあたってじっとしているので風で熱を奪われていきます。


バイクで走ると気温2度以上でも体感温度はマイナス15度くらいで、しかもまったく身体を動かさないので熱を生み出しません。

対策としては、今まで防寒着の下は普通のインナーだったので、防寒着の下にも薄い防寒着を買いました。

普段用の防寒着として売られているワークマンの「フィールドコア ストレッチ」を購入しました。


下も薄いフィールドコアの裏アルミズボンを購入したので、去年より遥かに温かくなりました。

さらに手や指先の冷え対策としてハンドルカバーをアマゾンで購入し、手が冷たくなることはなくなりました。

足元は状況を見て冷たければ足を包み込むタイプのインナーソックスを買う予定です。


おそらくこれで万全ですが、長時間走行すると次第に体温が低下するので、「カイロ」の購入も考えています。

 

これが裏アルミのズボン、とても暖かいです

f:id:nonoty32a:20171104143029j:plain

フィールドコアをインナーとして着ることで最大の保温効果を得られる

f:id:nonoty32a:20181212160818j:plain

https://tsurigura.jp/img/cache/items/00488/488235/21e2e74bc57442f51f0abaf01ae06265_l.jpgより引用

OSS ( 大阪繊維資材 ) 防寒ハンドルカバーは送料込み1500円

手を抜き差ししにくいので、左側だけ手を入れる部分を1センチほど切った

f:id:nonoty32a:20181212161004j:plain

これもワークマン、ゴワゴワせず柔らかく、内側にゴムのすべり止めがついていて、防水素材で防寒性も少しある

ハンドルカバーの内側は水滴や雪解けで濡れるので皮手袋は不向き

f:id:nonoty32a:20181212161147j:plain

これはネックウォーマー、首に巻いておくと冷えを防げる

f:id:nonoty32a:20181212161407j:plain

足も冷えるようならラバーソックスを買おうと思う

この日は部屋履きを購入しました

f:id:nonoty32a:20181212161501j:plain

くつはヒモじゃなくマジックテープ式です

紐を結ぶのが面倒だし、ヒモの隙間から風が入る

f:id:nonoty32a:20171104143404j:plain

むしろ真冬が楽しみですね