ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


白六山の林道を上る

f:id:nonoty32a:20181210214525j:plain

 

白い雲の中の道

奈良県五條市大塔町から白六山へ上る林道に入り、山頂に近い行き止まりを目指しました。

大部分は簡易舗装でところどころ未舗装部分もあり、前日の雨でぬかるんでいました。

山では補修工事や材木の伐採が行われていて、思いのほか賑やかでした。


山頂の手前では大きな建物を建設中で、その先は木材の伐採場で行き止まりでした。

山全体が霧か雲で覆われていて、道路は見えるものの下界は白く霞んでいました。

林道は尾根を通っているようで両側は崖になって落ち込んでいる。


雲で下が見えないのと樹木が密生しているので、転落の恐怖心はそれほどでもなかった。

 

大部分は舗装されていたが落ち葉と濡れているので滑りやすい

f:id:nonoty32a:20181210214636j:plain

資材置き場では古いバスが休憩所になっていた

f:id:nonoty32a:20181210214816j:plain

天文台のような謎の施設

f:id:nonoty32a:20181210214859j:plain

頂上は材木置き場で展望台とかはない、霞がかかっている

f:id:nonoty32a:20181210214938j:plain

道端に捨てられていたカブ

f:id:nonoty32a:20181210215057j:plain

両側は崖のようになっていて、白く霞んでいます

f:id:nonoty32a:20181210215153j:plain

白六山から下りて山系を撮影

f:id:nonoty32a:20181210215324j:plain

このような道がつづく

f:id:nonoty32a:20181210215535j:plain

終わり