ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


京都大原野の山間地を行く

f:id:nonoty32a:20181205182132j:plain

 

苔の生えた橋

京都長岡京市の土御門天皇陵を訪問したあと、西京区大原野に向かいました。

特にあては無かったがマップを航空写真で見たら緑が濃く、森林公園や滝があるので風景でも撮るつもりでした。

道中の大原野灰方町に大歳神社という古そうな神社が見えたので、立ち寄りました。


創建は養老2年(718年)でもっと以前から存在したという伝承がある。

確かに古そうではあるが石垣以外はあまり古いものが現存せず、もちろん社殿なども新築されていました。

あまりに古すぎる神社では良くあることで、1000年以上前になると石くらいしか残らない。


神社を後にして大原野の山に登っていくと天空農園という傾斜農地があります。

その少し先まで行くと三差路があり、本来は曲がるのが正しいが、間違えて真っすぐ集落に入りました。

するとそこには苔がびっしり生えた小さな橋があって「石井神社」と書かれていた。


神社に行くには落ち葉が積もった急阪を歩くしかないようで、駐車場もないので上らず引き返した。

後で思い返すと上っておけば良かったのだが、目的は山の上だったのでパスしました。

 

大歳神社です

f:id:nonoty32a:20181205182439j:plain

 見たところ千年以上古いものは残っていません

f:id:nonoty32a:20181205182551j:plain

天空農園の近く、おじさんが農作業しています

f:id:nonoty32a:20181205182655j:plain

矢印は右だが道は真っすぐ続いています

f:id:nonoty32a:20181205182752j:plain

直進すると不思議な空間があります

f:id:nonoty32a:20181205182845j:plain

この橋は渡れるんでしょうか、向こう側にXX神社と書かれている

f:id:nonoty32a:20181205182933j:plain

向う側を上ると神社があるようだが、道なのかすら分からない

f:id:nonoty32a:20181205183506j:plain

小さい滝には水がちょろちょろ流れている

f:id:nonoty32a:20181205183302j:plain

さっきの道を右に曲がると山を登っていく

f:id:nonoty32a:20181205183543j:plain

竹林がきれいです

f:id:nonoty32a:20181205183659j:plain

つづく