ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


「まとめ買い」で節約 少しだけ買う方が良い場合も

お金がある人がまとめ買いすると、余計なものを買い込むだけにやりやすい

f:id:nonoty32a:20181203200947j:plain

 

極限の貧乏だとまとめ買いできない

アメリカでとても貧乏をした人の手記を読んだことがあり、事業で失敗したと書かれていました。

その中で貧乏でつらいのは、お金がない為に安い物を買えず、高いお金を払っていた事でした。

例えばディスカウントショップではコーラは1本50円以下で買えるが、10本まとめてになる。


お金がないのでカップラーメンなどを買うが、それも1個づつだと1.5倍か2倍の値段になる。

アメリカでは車がないと働けないが、お金が無いのでボロボロの中古車を買い、故障するのでお金がかかる。

結局節約とはある程度お金がある人がするもので、限界までお金がないと選択肢がない。


さらにお金が無いのでお金を借りると金利がつき、年15%だと数年で借りた金額以上の金利を払う。

まとめ買いは節約に必要だが、お金を持っている人がまとめ買いしても、無駄が増えてしまう。

お金に困っていない人がまとめ買いすると、必要じゃないものを10個買ったりし、結局捨ててしまう。


貧乏な時には本当に必要なものしか買う余裕はないが、お金があると「節約するぞ」と大量に買い込む。

結末は安く買った野菜を腐らせて半分捨てたり、食べているうちに飽きて捨てる。

ある程度お金がある人にとっては、むしろ必要な量だけ買う方が節約になる。