ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


十津川村をバイクで再訪問

途中の風屋ダムで休憩

f:id:nonoty32a:20181116194905j:plain

 

冬が来る前に

10月終わりに十津川村をバイクで再訪問しました。

そろそろ寒くなってきたので11月になるともういけないかも知れず、今年最後のつもりでした。

十津川村は日本有数の過疎地で日本最大の村、平地はほとんどなく山岳地に川が走っています。


川と山の僅かな隙間に小さな集落が点在していて、中心部や町というものがない。

現代はバイパス風の道路が整備されているが、まだ岩がむき出しの狭い区間が残されている。

大阪や奈良市などより冬が早く、雪も降るので冬になると交通不便になる。


大阪市や奈良市から3時間以上かかるので日帰りだとゆっくり見て回る時間が取れない。

前回は来て帰るだけだったので、今回は村役場と道の駅周辺を散策して写真を撮りました。

秋晴れで十津川が緑色に輝いて、とても美しかったです。

 

夜明け頃あべのハルカスを通過

f:id:nonoty32a:20181116195015j:plain

ツーリングに行くバイクたちとコンビニですれ違う

f:id:nonoty32a:20181116200238j:plain

大塔からの景色が好きです

f:id:nonoty32a:20181116200355j:plain

風屋ダムの水面に朝日が光る

f:id:nonoty32a:20181116200622j:plain

風屋ダムの慰霊碑、大雨でも工事を続けたら洪水などで数十名がなくなったらしい。

f:id:nonoty32a:20181116200722j:plain

風屋ダムから続く水力発電水道橋

f:id:nonoty32a:20181116200852j:plain

この橋の周辺の風景も美しい

f:id:nonoty32a:20181116201108j:plain

むき出しの岩、水面に橋が映る

f:id:nonoty32a:20181116201442j:plain

山のむこうが十津川村の中心部

f:id:nonoty32a:20181116201518j:plain