ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


奈良県黒滝村の秘境集落「槇尾」

f:id:nonoty32a:20181108133750j:plain

 

秘境集落「槇尾」(まきお)

奈良県下市町の国道309号線沿いに下市温泉の入り口があり、その先が県道48号線になっています。

下市温泉に立ち寄ったら「忠魂碑」と戦没者慰霊碑がセットで建っていました。

田舎の忠魂碑はこの集落から出兵した兵士のためのもので、裏側に個人名が書かれています。


一つの集落から20名程度が戦死していることが多く、集落の人口がせいぜい千人くらいと想像するとかなりの割合です。

下市温泉からしばらく田舎道を走った跡で、林道吉野大峯線に曲がりますが、事前に調べておかないと気付かないでしょう。

林道を川沿いにしばらく進むと槇尾(まきお)という小さな集落があり、ここは一種の秘境と言ってもいい。


バスは通っているが周囲に商店などはなく、10数軒の民家がかたまっている。

人は見かけるものの空き家が多く、水田などの農地も周辺にはない。

おそらく戦前には林業で栄えていたが、輸入木材などで需要がなくなり、廃村を待つばかりになっている。


町のほうに車で通うこともできるが、この地区に住むメリットはほとんど見当たらない。

学校や保育園もないので、若い夫婦が住むこともなく老人ばかりになっている。

 

下市温泉の忠魂碑

f:id:nonoty32a:20181108134315j:plainこの集落でも20名ほどがなくなった

f:id:nonoty32a:20181108134338j:plain

槇尾に行く道筋、周囲は杉林だけ

f:id:nonoty32a:20181108134517j:plain

槇尾を流れる川

f:id:nonoty32a:20181108134848j:plain

橋周辺がメインストリート

f:id:nonoty32a:20181108135016j:plain

不釣り合いに立派な瀧光寺

林業が栄えた頃は賑わったのでしょう

f:id:nonoty32a:20181108135113j:plain

住んでいるのか廃屋かわからない

f:id:nonoty32a:20181108135345j:plain

寂寥感というか、そこに居てはいけない気配

f:id:nonoty32a:20181108135423j:plain

洗濯物があるのでこの家は住んでいる

f:id:nonoty32a:20181108135557j:plain

つづく