ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


高速重大事故の共通点は?

どんな理由でも追い越し車線に止まるべきではない

f:id:nonoty32a:20181026174830j:plain

 

追い越し車線で止まり暴走トラック追突

最近高速道路の重大事故が頻繁に起きていて、先日も兵庫県加古川バイパスで4台が関係した事故がありました。

何台かの車両が追い越し車線で停止していて、そこに車両運搬トラックが追突して挟まれ、母子がなくなりました。

何年か前の伊勢湾岸事故、「あおり運転」が注目された東名事故、そして今回の事故には共通点がありました。


「追い越し車線で停止」「ドライバーが女性」「大型トラックが追突」の3点で、同じパターンの事故が多い。

まず高速道路の追い越し車線上で停止するのは非常に危険で、飛ばす車は必ず追い越し車線を走ってきます。

しかも追い越し車線側には路側帯がないので、後ろから暴走してきても双方とも逃げ場がない。


追い越し車線で停止してしまうのは女性ドライバーが多く、走行車線側に移動できずその場で止まってしまう。

最後に追突する大型トラックで、制限速度80キロを守っている大型車はまず1台も居ない。

追い越し車線の乗用車は100キロ超で走行しているので、追い越し車線を走るトラックは20キロ以上も速度オーバーしています。


しかも自動車学校では「速度と同じ車間距離」時速100キロなら100mの車間距離が必要ですが、まず40m以下の車間距離で走行しています。

つまり追い越し車線のほとんどの大型トラックは制限速度80キロなのに100キロ超で走り、車間距離100m以上必要なのに40m以下で走っています。

追突したトラックの運転手はかならず「ブレーキを踏んだが止まれなかった」と言うが、最初から止まれるはずが無いのです。

 

そして追突されたということは、追突される方も車間距離を詰めて速度超過し、急減速で停止した可能性が高い。

制限速度を大きく超える速度でダンゴ状態で走っている車が一斉に急停止して、止まれなかった大型トラックが追突するパターンが多い。
警察はスピード違反は取り締まっているものの、車間距離取締など見た事もありません。

 

こうして起きるべくして高速道路の追突事故が発生しています。

対策としては「追い越し車線で止まらない」「車間距離をあけて走り、ゆっくり減速する」です