ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


十津川村の中心部に到達

風屋地区を後にする

f:id:nonoty32a:20180921213153j:plain

 

道の駅に到達

十津川村の風屋地区を過ぎると小井という地区があり、左手に閉店したガソリンスタンドがあります。

閉店は少なくとも20年以上前と思われるが、給油の機械がそのまま残されています。

蓋が外れて中が見えるようになっていて、給油機の中身を初めて見れました。


国道168号線のトンネルを過ぎると観光協会や旅館が現れ、少し進むと役場や道の駅などがあります。

十津川村最大の人口密集地で、警察署や歴史資料館、小学校や中学校などもあります。

過疎地域を見ていてもっとも重視していると分かるのは学校、次が派出所や警察署、郵便局、集会所、バス停などです。

 

風屋ダムの水力発電水道橋

f:id:nonoty32a:20180921213353j:plain

十津川にかかる美しい橋、手前は交通安全地蔵

f:id:nonoty32a:20180921213536j:plain


都会の人には何もないように見えても、これらの施設は非常に重要な意味を持っています。

学校がなくなった集落はいかにも寂しく、クシの歯が欠けるように人々が去って行きます。

学校がある間は「なんとか頑張ろう」的な住民の結束が感じられます。

 

地蔵が川と橋を見守る

f:id:nonoty32a:20180921213658j:plain

小井という地区のガソリンスタンド

f:id:nonoty32a:20180921213741j:plain

このマークはかなり昔ですね

f:id:nonoty32a:20180921213914j:plain

給油の機械はなぜかそのまま

f:id:nonoty32a:20180921214038j:plain

中はこうなってるんですね

f:id:nonoty32a:20180921214121j:plain

転んで蓋が外れているが中はきれい

f:id:nonoty32a:20180921214227j:plain

十津川村最大の建物”役場”です

十津川村しか知らない子供が見たら巨大に見えるでしょう

f:id:nonoty32a:20180921214635j:plain

目的地の道の駅、高そうなバイクが止まっています

f:id:nonoty32a:20180921214822j:plain

観光マップには行きたい場所が多いが長居はできない

f:id:nonoty32a:20180921215001j:plain

十津川のむこうに渡ってみる

f:id:nonoty32a:20180921215212j:plain

小原という集落の景色がいい

f:id:nonoty32a:20180921215322j:plain

f:id:nonoty32a:20180921215426j:plain

小学校では一輪車の練習をしていた

学校がある集落は活気がある

f:id:nonoty32a:20180921215443j:plain

保育所と中学校もある

子供が多いのは若者が多い証拠

f:id:nonoty32a:20180921215609j:plain

寄り道して時間がなくなったので帰路につく

f:id:nonoty32a:20180921215815j:plain

おわり