ミトラのブログ 古墳と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


天空の無人集落を行く 広瀬地区

f:id:nonoty32a:20180810185301j:plain

 

天空の村、広瀬

前回は天ノ川沿いの奈良県道53号線を走って天川村に入り、広瀬という地区まで来ました。

自然の地形が残された天ノ川と山の斜面に家が点在する風景に興味を惹かれ、上まで上がることにしました。

坂道を上がり始めると人の気配はなく、自動車や自転車など人が住んでいるのを示す気配もなくなりました。


家々は放棄されているが、なぜか外の物干しざおはそのままで、今にも家の人が出てきそうな雰囲気です。

広瀬地区には寺があるのだがやはり無人で、清掃されていたが寺の名前すら分からなくなっていました。

さらに上に上がると野猿が2匹、何かを持って道路を横断していて、久しぶりに人間を見たのか慌てて逃げて行った。

 

広瀬地区です

f:id:nonoty32a:20180810185715j:plain

それなりに賑わってるように見えます

f:id:nonoty32a:20180810185832j:plain


最も上の方になると長く放棄されていた家が目立ち、草が生えて風化が始まっている。

道路のつきあたりの頂上にも家があるが、藪に覆われていてかなり長期間無人だったらしい。

そんな家にもやはり物干しざおだけは人が住んでいた時のまま残されていて、家の中には日用品も残されている。


道路は傷んでいないし綺麗な状態なので、まるで忽然と人間だけが消えたような集落だった。

 

このイボイボは斜面に杭を打ち込んで崖崩れを防いでいます

f:id:nonoty32a:20180810185940j:plain

樹々の間を抜けていく

f:id:nonoty32a:20180810192224j:plain

下からとても目立っていた建物

f:id:nonoty32a:20180810190059j:plain

老人憩いの家兼避難所でした

f:id:nonoty32a:20180810190159j:plain

隣りに寺があるが無人です

f:id:nonoty32a:20180810190258j:plain

天の川を見下ろす

f:id:nonoty32a:20180810190404j:plain

さらに上がる

f:id:nonoty32a:20180810190446j:plain

ここに猿が2匹居て崖の下に降りていきました

f:id:nonoty32a:20180810190519j:plain

家なのか何なのか、斜面にありました

f:id:nonoty32a:20180810190619j:plain

下に降りる階段もありました

f:id:nonoty32a:20180810190706j:plain

空き地にあった墓地

f:id:nonoty32a:20180810190818j:plain

これが一番つきあたりの家

f:id:nonoty32a:20180810190909j:plain

森に飲み込まれつつある

f:id:nonoty32a:20180810191042j:plain

ピカピカの物干しざお

f:id:nonoty32a:20180810191121j:plain

この階段の上にも家があり、人々が行き来していた

f:id:nonoty32a:20180810192418j:plain

来た道を戻る

f:id:nonoty32a:20180810191216j:plain

少しでも床面積を広げる工夫

f:id:nonoty32a:20180810192533j:plain

人が住んでいそうだが誰もいない

f:id:nonoty32a:20180810191318j:plain

車が走った跡はあるが人はいない

f:id:nonoty32a:20180810191450j:plain

周囲の木々が伸びて

f:id:nonoty32a:20180810191655j:plain

家を飲み込んでいく

f:id:nonoty32a:20180810192018j:plain