ミトラのブログ 古墳と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


ブログの文章は「とりあえず1行書いてみる」と楽になる

ニュースを見た感想文でも書いてるうちに、文章力なんてのは上がってきます

f:id:nonoty32a:20180707105518j:plain

https://portal.st-img.jp/detail/603a421f155c80588efb92079b04453e_1530779561_2.jpgより引用

 

書くことが無い時でも書ける方法

今日はブログの書き方で「書くことがないしやる気もない」ときにどうすれば書けるかという話です。

2014年から1000文字程度のブログを毎日3回から5回、休みなく更新してきました。

このブログの他にも現在2本のブログとツイッターをしています。


そうした経験から言えるのは「文章は質より量だ」ということで、何でも良いから適当に書けば上達し、内容も向上します。

どんなにヘタな文章でも1年書き続けたら、けっこう良い文章を書けるようになる筈です。

書き続けるには「流れ作業」にしてしまうことで、ネットで興味がある記事のタイトルを、メモ帳などにコピペして溜めます。


最近だったら「広島の洪水」の記事が気になったら、ニュースのタイトルだけコピペして保存します。

書く時にはストックしてあるニュースから、今日書きたいものを一つ取り出し、タイトルで検索します。

こうする事でいつでも昔のニュースを読み返すことができます。


後は洪水のニュースなら「事実関係を半分」「個人の感想を半分」みたいに書けば、さらさらさらっと書き終わるはずです。

どうしても書けない時は、「とりあえず1行書いてみる」のが有効です。

「テレビで見ましたが広島の洪水は凄かったです。」とか何でもいいので1行書いて、放置します。


人間1行書いてあるだけで気持ちが楽になり、時間を空けると簡単に書ける場合があります。

書くことがない時は「ニュース」「事実の羅列」「感想」の3連打がお勧めです。

 

書くことが思いつかない時は、こんな風に「書くことが無いことを書いてみる」という方法もあります。