ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


奈良県の秋津団地(レトロ団地)を訪問

f:id:nonoty32a:20180630194914j:plain

 

田んぼに囲まれたレトロ団地

奈良県には魅力的なレトロ団地が多いが、その中でも異彩を放つのが、御所市の秋津団地です。

市の中心部からかけ離れた場所にあり四方とも田畑に囲まれている。

見たところ建設から数十年経過しているが、周囲が開発された様子はあまりない。


この御所市という場所は明治初期に水平運動(解放運動)が始まった場所で、水平社博物館という記念館もある。

全国の解放運動の総本山で、江戸時代までの部落がそれほど多かったようです。

仔細はわからないものの、秋津団地もそうした対策で作られたが、発展しないまま時間が経過した。

 

かなりの奥行きと幅があり数十棟が続いている

f:id:nonoty32a:20180630195052j:plain

無人のようだが人が住み車が止まっている

f:id:nonoty32a:20180630195209j:plain


団地内は老朽化が進み、住人は高齢者が多いようで、若い人が大勢住んでいるという気配は感じられなかった。

目立ったのは廃車の多さで、ナンバーのあるのや無いのが10台以上は放置されていたと思います。

中には超お宝のスバルなんかもあり、数十年前から置かれているらしく車内に草が生えていました。


あえてここに住むのは、家賃なんかが相当安いんだろうなと想像します。

 

ネコの姿が

f:id:nonoty32a:20180630195356j:plain

ここに居ました

f:id:nonoty32a:20180630195433j:plain

たくさん止まっているのは運転代行

f:id:nonoty32a:20180630195513j:plain

廃車が置かれた一角

f:id:nonoty32a:20180630195556j:plain

バイクや錆びた車

f:id:nonoty32a:20180630195651j:plain

古くから住んでいる家は私物化が進む

f:id:nonoty32a:20180630195804j:plain

家庭菜園もある

f:id:nonoty32a:20180630195912j:plain

ミニ公園

f:id:nonoty32a:20180630200017j:plain

廃墟のようだが洗濯物を干してある

f:id:nonoty32a:20180630200118j:plain

大きな公園もある

f:id:nonoty32a:20180630200243j:plain

大通り脇に干してある洗濯物

f:id:nonoty32a:20180630200313j:plain

シルエットからスポーツカーらしい廃車

f:id:nonoty32a:20180630200414j:plain

これが本日のメイン

f:id:nonoty32a:20180630200503j:plain

スバルサンバー

f:id:nonoty32a:20180630200557j:plain

草花に飾られている

f:id:nonoty32a:20180630200643j:plain

中も草

f:id:nonoty32a:20180630200729j:plain

f:id:nonoty32a:20180630200802j:plain

周囲は農地しかない

f:id:nonoty32a:20180630200842j:plain

住んでいるような居ないような建物が続く

f:id:nonoty32a:20180630201024j:plain