ミトラのブログ 古墳と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


年収400万は独身適齢男性の14%しか居ない

全年齢でも独身男性で年収400万円は25%

f:id:nonoty32a:20180626112114j:plain

収入重視女と容姿重視男に未婚が多いワケ | 東洋経済オンラインhttps://toyokeizai.net/articles/-/226161より引用

 

独身男性の収入は意外に低い

最近見たニュースの中で、20代から30代以下未婚男性のうち年収400万円以上は14%しか居ない、というのがありました。(収入重視女と容姿重視男に未婚が多いワケ | 東洋経済オンライン )

内容は女性が結婚相手に希望する年収は400万円以上が8割、対して男性は7割が女性に「容姿」を希望していました。

どちらも大概ですが、金目当て女と美人狙い男がマッチングする確率は、普通に考えたら1割より低い。


美人は1割程度しかおらず、日本女性全員が美人になっても平均点が上がるので、その中の美人確率は変わらない。

年収400万円以上も、仮に日本男性全員が400万円になったら、彼女達は希望額を「800万円」とかに上げるでしょう。

どちらも高値の花ですが、意外だったのは男性で年収400万円が20代から30代で14%しかいなかったという点です。


ここに興味深いデータがあり、別な資料では「年収1000万円以上男性の95%が生涯に結婚している」そうです。

一方で年収200万円以下の男性が生涯に結婚する割合は(その後離婚してもいい)20%程度に過ぎませんでした。

未婚男性に絞ることで高収入男性の9割は排除されるが、低収入男性の8割は残ります。


見方を変えれば年収200万円以下の男性と結婚する女性が2割も居るので、希望がないわけではない。

ちなみに別な調査では「頭がハゲていても気にしない」女性も2割いて、2割の女性は年収や外見に拘らないようです。

年収300万円は普通で400万円なら独身男性としては高収入、200万円でもそう悪くないのが日本の現実です。