ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


奈良のフルーツロードで迷う

集会所の看板を見ると西峯という集落だったようだf:id:nonoty32a:20180625161246j:plain

 

道に迷うほどの深い山

フルーツロードはXXXスカイラインのような1本の道ではなく、その辺一帯が果樹園になっている。

良さそうな道を曲がっては走っているうちに、自分がどこを走っているのか見失った。

たまにある標識にも、住民だけが知っている集落名が書いてあり、大きな町の名前ではない。


適当に広い道を走っていると山頂につながっていて、幅2メートルの道になるのもしばしばだった。

面倒なのでスマホマップを見ずに走り続けたら、マップを見ても現在地が分からないほど山中に入った。

安いスマホのせいかGPSの表示が前からいい加減で、そのうえ地図上の道路は細い線しかない。

 

坂の途中の建物

f:id:nonoty32a:20180625161549j:plain

道に迷いながら撮影

f:id:nonoty32a:20180625161644j:plain


このとき思ったのは、地図というのは目印になる町や店があって初めて機能するので、周りが山ばかりだと意味がない。

地平線の向こうまでずっと山と森だけで、点在する集落も地図上に地名すらない。

一応舗装道路なのでどこかに通じている筈で、実際数十分で民家がある平地に出た。


舗装道路を走っていて場所が分からなくなるとは、奈良の山中は恐るべしである。

 

大きな神社に出たがスマホGPSで場所が分からない

f:id:nonoty32a:20180625161737j:plain

山の上に上ってしまったようだ

f:id:nonoty32a:20180625161906j:plain

落ち葉が積もっていて、あまり車は通らないようだ

f:id:nonoty32a:20180625162111j:plain

県道に出たのでこの先に平地があるはず

f:id:nonoty32a:20180625162241j:plain

駐在所すら懐かしい

f:id:nonoty32a:20180625162324j:plain

こういう場所の地図は一軒ごとは詳しいが全体は分からない

f:id:nonoty32a:20180625162436j:plain

美しい川をこえる

f:id:nonoty32a:20180625162621j:plain

f:id:nonoty32a:20180625162544j:plain

突然現れた民家

f:id:nonoty32a:20180625162718j:plain

古いが壊れてはいない

f:id:nonoty32a:20180625162815j:plain

人が住んでいるのだろうか

f:id:nonoty32a:20180625162850j:plain

都会との接点、キャンプ場に到達

f:id:nonoty32a:20180625162940j:plain

再び橋を渡り

f:id:nonoty32a:20180625163128j:plain

この日の目的地の丹生小学校跡についた

f:id:nonoty32a:20180625163217j:plain

つづく