ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


バイクで右直事故を防ぐ方法

人間の目は自分が見たい物だけを認識する特性があり「誰もいない」と思った瞬間バイクは見えなくなります

f:id:nonoty32a:20180616192554j:plain

 

「右直事故」を防ぐ方法

最近右折する自動車と直進するバイクが衝突する「右直事故」のニュースが多いです。

原因の多くは右折する車両のドライバーが前をよく見ていないのだが、原因が分かった所で何も解決しない。

原因が右折車両の不注意だったからと言って、右折を辞めてくれる訳でもないからです。


バイク側としては前を見ていない右折ドライバーが居ても、衝突を避けなくてはなりません。

そもそも右直事故で右折車両のドライバーはどうして「前を見ていない」のでしょうか?

事故が起きる状況を考えると、「道路が開いている、急いで右折しよう!」と急いで右折していると思います。


バイクは小さいので遠くに見え、しかも速い速度で走っているので、ドライバーの認識よりずっと早く交差点に到達します。

これを防ぐにはそもそも「右折車など信用してはいけない」のを肝に銘じる必要がある。

今住んでいる大阪市という日本最悪の交通都市では、誰も信用してはいけない。


対向車線でウインカーを出している(出していなくても)車が止まるかどうかは神のみぞ知るです。

対向車線の車がウインカーを出して交差点に入ってきたら、突然右折しても停止できるように減速して通過します。

相手が停止すれば良し、もし停止せず動いていたら、「隙あらば急加速で右折しよう」と考えている証拠です。

 

停止していない対向車を信用するな

相手が完全に停止するまでこちらは減速し続け、最終的に止まれるくらいの速度で通過します。

後ろの車はクラクションを鳴らすかもしれないが、他人にどう思われようが、知ったことではないです。

何しろ対向車線の「きXXX」がアクセルを踏んで右折してきたら、こちらはあの世逝きですから。


右折する構えを見せている対向車が完全に停止しないなら、こちらは「右折してきても避けれる」速度に減速するしかありません。

右折車が停止していても、相手から見えていなければ突然発進して右折する可能性があり、右寄りに車体を寄せている車は信用してはいけません。

減速することで相手がバイクを視認する時間がながくなるので、見落とす確率を下げる効果もあります。


バイクが相手の視界に入っている時間が0.1秒より2秒になれば、見落とされる可能性が減ります。

相手からこちらは「見えている筈だ」というのは思い込みに過ぎないので、なるべくゆっくり交差点に進入して、確実に視認させた方が良いのです。

そうした状況の道路では、どうせ混雑しているので減速してもあまり到着時間は変わりません。