ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


住むなら大阪・奈良・京都のどこが良い

 奈良の田舎には商店がないので買い物が不自由

f:id:nonoty32a:20180614130022j:plain

 

大阪の長所は?

今回はもし自由に居住先を選べるなら、大阪・奈良・京都のどこが良いかという話です。

この2府1県は古くから首都であったり行政府があったりし、数多くの歴史の舞台になってきました。

それぞれ特徴が異なっていて、大阪は商業の街で「ゼニやでゼニ!」「金は命より大事やで」という価値観です。


大阪市の北は(大阪にしては)洗練された都会、南は猥雑で混乱した雰囲気がある。

賑わっている地域がある一方で、阿倍野、西成、浪速などには昔からのスラムが存在しています。

大阪市外の南部は「やんちゃ」と表現されているが、普通の大阪人よりもっと野蛮で車の運転も荒っぽい。


書いていて大阪の長所が見つからないが、金儲けしたいなら大阪は面白い街だと言えるでしょう。

家賃相場は狭いのを我慢すれば非常に安く、月2万円以下から20万円まで選び放題です。

家賃1万5千円のアパート、月3万円で保証人不要のドヤなど、大阪ならではの物件はミナミに多い。

 

京都は田舎でも買い物する場所があるので、奈良の基準では「町」だ

f:id:nonoty32a:20180614131123j:plain


奈良と京都

奈良には古墳や古い集落が多いので、このブログでも良く登場しています。

奈良県で都会といえるのは京都府に隣接した奈良市周辺だけで、他の9割は田舎です。

奈良盆地は奈良県の3分の1ほどを占め、盆地の中にはコンビニやスーパーなど近代施設があります。


奈良盆地なら外れた3分の2は山岳地帯で、何十キロも商店がなかったりします。

特に和歌山県に近い南部に行くには、十分な準備が必要で、住むにはかなりの覚悟が居るでしょう。

買い物をする店がないしガソリンスタンドもなし、農業をしようにも平地が無く、公共交通機関も少ない。


奈良市周辺や大きな市の中なら、都会感覚で暮らせるが、農村や山岳部となると厳しい。

京都は大阪と奈良のいい所取りのような感じで、かなり栄えていて都会なのに、市外では自然も残されている。

京都府の南部には奈良県のような自然もあり、利便性と田舎暮らしの両方を満喫できる。


というわけで京都がもっともバランスが取れていると思います。