ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


奈良の農村 高取町へ行く

岡宮天皇陵

f:id:nonoty32a:20180610134521j:plain

 

村よりも田舎の町

奈良県は都会である奈良市か出て南に下ると、だんだん田舎っぽさを増していきます。

奈良盆地の終わりである吉野川から北はなんとか、人が住んでいる田舎といえる。

吉野川を渡って南側のほとんどは山地で、鹿や熊や猿の生息域に、人間が点々と住んでいる感じです。


地形図を見ると奈良県の半分以上は、こうした「非人間領域」で占められている。

人間界である奈良盆地も大都市(といってもイオンやライフがあれば大都市)から外れると農村しかない。

遺跡で有名な明日香村の隣りにあるのが「高取町」で、名前を見ると明日香村よりは都会っぽい。

 

御所市から高取町への道で、とても目立つ八幡神社

f:id:nonoty32a:20180610134714j:plain

10年以上誰も座ってなさそうなベンチと遊具

f:id:nonoty32a:20180610134745j:plain


だが明日香村にはスーパーやコンビニ、飲食店がかなりあるのに対し、高取町には食事する店すらほとんど無い。

面積が広いから多少人口が多いのだが、明日香町、高取村にしたほうが実態に近い。

高取町中心部からは、どこに買い物に行ってもスーパーまで5キロくらいはあり、不便なことこの上ない。


人口減少が進んでいるらしく、空き家が非常に多く、草に覆われた民家が目立つ。

そんな場所に岡宮天皇陵があり、鄙びた風景やレトロ調の写真を撮るには絶好となっている。


なお岡宮天皇は正式には草壁皇子で皇太子だったが、天皇の呼称で呼ばれている。

父は天武天皇、母は持統天皇、妻は元明天皇、子供は元正天皇と文武天皇で、自分だけ天皇に即位しなかった。

母親の持統天皇より早世したため、不憫に思い「天皇」の称号を与えたとされている。

 

村から出兵した人の戦没者記念碑

f:id:nonoty32a:20180610135627j:plain

の裏側に古い木造の、大きな建物がある

f:id:nonoty32a:20180610135734j:plain

何棟もつながっていて、役場か学校のような気がする

f:id:nonoty32a:20180610135850j:plain

この椅子は何十年ここに置かれているのだろうか

f:id:nonoty32a:20180610140012j:plain

近くの倉庫らしい建物は

f:id:nonoty32a:20180610140131j:plain

裏側からツタに飲み込まれようとしていた

f:id:nonoty32a:20180610140222j:plain

一部だけが崩れかけた家

f:id:nonoty32a:20180610140346j:plain

自転車屋だった建物

f:id:nonoty32a:20180610140453j:plain

村の奥に入ったら古そうな神社に出た

f:id:nonoty32a:20180610142125j:plain

f:id:nonoty32a:20180610142229j:plain

良い雰囲気だったが無数の羽虫に囲まれる

f:id:nonoty32a:20180610142425j:plain

f:id:nonoty32a:20180610142536j:plain

次々と虫に襲われている

f:id:nonoty32a:20180610142645j:plain

転げるように階段を下りて、虫神社から逃げ出した

岡宮天皇陵は次で