ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


宮滝遺跡と周辺の集落

吉野川を渡る橋

f:id:nonoty32a:20180608134102j:plain

 

宮滝遺跡の周辺

吉野町の「最後のローソン」の隣りの大名持神社は前に書きましたが、そこから吉野川を少し上がった場所に宮滝遺跡があります。

縄文時代から弥生時代、飛鳥時代まで続いた遺跡だそうで、かなり興味を惹かれます。

遺跡と言っても前方後円墳のように「ここに遺跡がありますよ、さあ寄ってらっしゃい」と自己主張するのは例外中の例外です。


多くの遺跡は石を並べたものがあればいい方で、ただの小山や、それすら無い場合があります。

宮滝遺跡は現在の国道から外れた村道にあり、行ってみたら案内板と目印の石碑が立っていました。

まあこんな物なんですが、バイクを止めたら近所の婆さんが来て、「今朝ここに鹿が2頭居た」と喋りだしました。

 

宮滝遺跡は予想以上に何もなかった

f:id:nonoty32a:20180608134222j:plain


なんでも昼間は山の方に隠れてしまうが、夜間から朝にかけては里の方に下りてくるそうです。

鹿の姿は見えないので宮滝遺跡を後にして、周辺をバイクでぶらぶら探索することにしました。


こんな時は125のスクーターは便利で、どこにでも入り込んで行き止まりならUターンできます。

周辺は住民が少なくなっているようで、閉鎖された小学校や幼稚園、商店などがあちこちにあります。

空き家も多いようで、窓を塞いで中を見えなくした民家などもある。

 

そのへんで鹿が草を食べているらしい

f:id:nonoty32a:20180608134331j:plain

付近をぶらぶらしたら

f:id:nonoty32a:20180608134418j:plain

かなり立派な幼稚園跡

f:id:nonoty32a:20180608134456j:plain

となりも小学校跡、むかしはそれほど子供が多かったのだ

f:id:nonoty32a:20180608134625j:plain

最近まで営業していたらしいヤマザキ

f:id:nonoty32a:20180608134752j:plain

f:id:nonoty32a:20180608134821j:plain

もっと上流に進む

f:id:nonoty32a:20180608134941j:plain

ところどころに店があり、ここはレストランカラオケ

f:id:nonoty32a:20180608135032j:plain

集落の道はこんな感じ

f:id:nonoty32a:20180608140054j:plain

もっと上流には営業しているヤマザキショップがある

f:id:nonoty32a:20180608135854j:plain

吉野川の向こう側にほ山と森がどこまでも続く

f:id:nonoty32a:20180608140140j:plain

約1年で走行距離1万キロを超えた

f:id:nonoty32a:20180608140236j:plain

おわり