ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


素人が(ちょっと)マシな写真を撮るコツ

カメラは低性能で腕もない、にわかカメラマン

最近SNSブームで、自分で撮影した写真をツイッターやインスタグラムに載せる人が多い。

そのためのカメラが売れていて、ミラーレス一眼や高級デジカメが売れて、カメラメーカーが儲かっている。

SNSの素人カメラマンのレベルは様々で、プロっぽい写真から酷いのまで色々ある。


10万円のカメラを買っても宝の持ち腐れになっている人が居るが、素人でも良い写真を撮れるコツはないものだろうか?

写真に詳しすぎる人の説明を読むと、訳の分からない宇宙語を喋りだすので、ますます分からなくなります。

「簡単で」「誰にでもでき」「すぐ効果がある」自分なりの方法を書いてみます。


まず自分が過去に撮影した写真を見て「これは酷い!」と思うのは水平や垂直が取れていません。

同じ位置から同じように撮っても、地面や対象物と水平、垂直にするだけで、写真が整理された感じになります。

素人が変わった構図で撮ろうとして斜めにしたりすると、99%の確率で酷い写真になります。

 

去年飯豊天皇陵を写した写真、妙に安っぽく左上に水滴の汚れまでついています

f:id:nonoty32a:20180523121549j:plain

同じカメラ(イクシー640)で同じ場所を今年撮影

f:id:nonoty32a:20180523121715j:plain


素人撮影術

2つ目は「ちょっと暗くする」で多くのデジカメには設定で露出の調整ができ、一度設定すればそのままで良い。

キヤノンイクシー640の場合だと、露出補正を1メモリ、-1/3に設定すると少し暗くなります。

あまりにも暗すぎると訳が分からないので、1メモリか2メモリマイナスにすれば、落ち着いた印象になります。


3つ目は撮影した画像の「明るさ」を編集して補正する事で、自分はパソコンのウィンドウズ10の画像編集機能を使っています。

素人が撮影した大抵の写真は、明るすぎるか暗すぎるので、目で見たときの明るさに補正します。

4つ目は同じ対象を撮影するのに、すこし距離や角度を変えて何枚も撮ることで、下手な鉄砲も弾数が多ければ当たる確率が高まります。


素人はどんな写真になるか想像できないので、何枚か撮影してベストな1枚を選ぶようにします。

建物だと全体を撮影した写真と少し近づいた写真、もっと近づいた写真、角度をずらした写真があると良いです。

そのうちのどれか1枚がそこそこの出来栄えなら、素人写真としては大成功でしょう。

 

角度や距離を変えて何回も撮り、1枚が「当たり」ならokという考え

f:id:nonoty32a:20180523122859j:plain

f:id:nonoty32a:20180523122913j:plain

 

5つ目はなるべく「左右対称」にしたほうが綺麗に見えることで、わざと非対称にしても素人なので失敗します。

例えば建物があったら、普通に左右対称の構図にすると、変に工夫するより整理された印象になりやすいです。


あと気をつけるのは「レンズの汚れ」で、1日分の写真を後でチェックしたら、全部の写真にゴミや汚れがついていた悲劇が現実に起きます。(特に雨の日)

カメラの性能は1万円以上のカメラであれば、使い物にならないという事でもない気がします。

以上素人が直面する問題でした。

 

線路、道路、階段などは真っすぐ左右対称にしたほうが見栄えがする

f:id:nonoty32a:20180523124059j:plain