ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


安康天皇陵(奈良市)を訪問

f:id:nonoty32a:20180410131617j:plain

 

安康天皇陵はディープな場所にある

安康天皇陵に3月末頃に行きましたが、以前近くにある垂仁天皇陵を訪問したことがありました。

というよりその時行くはずだったのを見逃していて、後日行くことになりました。

グーグルマップでは第二阪奈有料道路(125ccバイクは通れない)の脇にあり分かりやすそうだった。


地図で見るのと実際に行くのと印象が違うことは多いが、安康天皇陵は行き方を知らないと間違えやすい。

自分は地図で近そうな東側から接近したのだが、入り組んだ狭い住宅地に囲まれていて、やっとたどり着いた。

外堀の周りは住民すら通らない細い道で、その先は竹藪になり、その先は砂利道になって消えていた。

 

裏側は入り組んでいて辿り着くのが難しい

f:id:nonoty32a:20180410131741j:plain

走り回って外堀に出た(左側)

f:id:nonoty32a:20180410131900j:plain


小型バイクなので押してバックしたが、もしハーレーとかだったら絶望していたでしょう。

「この先行き止まり」くらい書く親切心があっても良かった。

阪奈道路のせいで周囲の道は分断されていて、ぐるっと大回りしてやっと拝所がある表側についた。


表側から接近すれば何も苦労せずたどり着けたが、竹藪や裏道を通ることも無かっただろう。

天皇陵の周りは古くからの集落や住宅に囲まれている事が多く、市街地ではスラムっぽい場合もある。

その土地にどんな人たちが暮らしているかというのも、行ってみなくてはわからない。

 

壕は控えめに言っても美しくない

f:id:nonoty32a:20180410132124j:plain

落ち葉が積もる細い道が続く

f:id:nonoty32a:20180410132214j:plain

 

安康天皇は倭の五王(かも知れない)

安康天皇は第20代天皇で、そこから推測すると西暦440年前後だと思います。

魏志倭人伝に書かれた「倭の五王」の一人とも推測されているが。良くわかっていません。

允恭天皇の子である木梨軽皇子は妹と密通したため天皇になれず、允恭天皇の弟である安康天皇が即位した。

安康天皇の次の第21代には、追放された木梨軽皇子の弟が雄略天皇として即位している。

 

廃墟アパートらしき建物

f:id:nonoty32a:20180410132344j:plain

倒れた竹が道を塞いでいる

f:id:nonoty32a:20180410132416j:plain

木の枝が車体の下に刺さった、パンクしませんように

f:id:nonoty32a:20180410132514j:plain

道は折れ曲がって砂利になるが、道なのだろうか?

f:id:nonoty32a:20180410132616j:plain

無情にも道は消えていたので後ろ向きに押して戻る

f:id:nonoty32a:20180410132723j:plain

道を探すが行き止まりになっている(墓地)

f:id:nonoty32a:20180410132848j:plain

迂回路を大回りして反対側に行くと

f:id:nonoty32a:20180410133107j:plain

普通に真っすぐの広い道があった

f:id:nonoty32a:20180410133206j:plain

ここまで来るのがメインだった感じ

f:id:nonoty32a:20180410133313j:plain

掃除していたおじさん

f:id:nonoty32a:20180410133350j:plain

正面には入居者募集のアパート、住むには良いかも知れない

f:id:nonoty32a:20180410133446j:plain

道はあるが奥には入れない

f:id:nonoty32a:20180410133609j:plain

おしまい