ミトラのブログ 古墳と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


宣化天皇陵、崇峻天皇陵、舒明天皇陵を訪問

f:id:nonoty32a:20180307122122j:plain

 

急激に寒くなり始める

12月20日に奈良県の天皇陵3か所を訪問したときの写真です。

この頃から急激に冷え込んできて、ワークマンを着込んでも走っているうちに体温が低下しました。

思うにバイクは走行中身体を動かさないので、登山より体温が低下するのではないでしょうか。


いくら完璧に防護していても、風によって徐々に温度が奪われていき、1時間もすると冷えて動かなくなります。

バイクを止めて歩けば回復するが、コンビニやマックで休憩しても、動かないので体温は戻らない。

それはさて置き宣化天皇陵(鳥屋ミサンザイ古墳)は橿原市、崇峻天皇陵は桜井市、舒明(じょめい)天皇陵も桜井市にあります。


それぞれある程度距離があり、日陰では日中でも霜が降りていたりして、寒々としていました。

3人の天皇は28代から34代で西暦536年から641年と、奈良の天皇陵の中では比較的最近の人(?)です。

聖徳太子は622年没なので、この時代に仏教が導入され文字が普及し、国家が体系化されました。


目立つ功績はないものの、お寺、神社などはこの時代から今日まで続いている。

 

宣化天皇陵

冷え込む大阪市内の朝

f:id:nonoty32a:20180307122333j:plain

手袋をはめているので途中で写真を撮らず、すぐ到着

f:id:nonoty32a:20180307122434j:plain

一段高くなっている

f:id:nonoty32a:20180307122558j:plain

拝所につづく道

f:id:nonoty32a:20180307122754j:plain

f:id:nonoty32a:20180307122828j:plain

陵の横には池がある

f:id:nonoty32a:20180307122943j:plain

f:id:nonoty32a:20180307122953j:plain

反対側の堀

f:id:nonoty32a:20180307123025j:plain

 

崇峻天皇陵

崇峻天皇陵はすごく辺鄙な場所にあった

f:id:nonoty32a:20180307123547j:plain

日陰なのでより一層寒い

f:id:nonoty32a:20180307123735j:plain

隣に川が流れているが、寒さを助長している

f:id:nonoty32a:20180307123821j:plain

日中でも陽の当らない寒村

f:id:nonoty32a:20180307124013j:plain

バスも一日数本しか通らない

f:id:nonoty32a:20180307124046j:plain

 

舒明天皇陵

舒明天皇陵はこの奥にある

f:id:nonoty32a:20180307124259j:plain

また山影に隠れている

f:id:nonoty32a:20180307124357j:plain

急な石段の上に拝所がある

f:id:nonoty32a:20180307124526j:plain

とりあえず登ってみる

f:id:nonoty32a:20180307124624j:plain

こんな感じ

f:id:nonoty32a:20180307124726j:plain

さっき来た道を上から見る

f:id:nonoty32a:20180307124757j:plain

身体を暖めるため周囲を散歩

f:id:nonoty32a:20180307124842j:plain

石段の横

f:id:nonoty32a:20180307124906j:plain

桜井市のマックで暖をとり休憩

f:id:nonoty32a:20180307124958j:plain

おしまい