ミトラのブログ 古墳と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


灼熱砂漠で手袋が売れ、マイナス30度のモンゴルでアイスクリームが売れる

モンゴル人は真冬に暖房を効かせてアイスを食べる

f:id:nonoty32a:20180304150034j:plain

モンゴル情報クローズアップ!http://livedoor.blogimg.jp/morinhoor/imgs/0/a/0a913acc.jpgより引用

 

砂漠で手袋?

100円均一ダイソーの創業者矢野博丈が以前インタビューで話していた、砂漠で防寒手袋が売れた話です。

以下『』内は『矢野博丈ダイソー社長から学びたい「恵まれる不幸せ、恵まれない幸せ」』からの引用です。

『灼熱のサウジアラビアでは、意外にも手袋などの防寒具が売れた。気温が20度以下になると、みんな寒い寒いと言うんです。』


『シンガポールでは使い捨てカイロが爆発的に売れたんです。現地の人が海外旅行に行く際に、寒いだろうと買っていくのです。』

『モンゴルではアイスクリーム器が飛ぶように売れました。外は零下でもゲル(テント)のなかはストーブをがんがん焚くので暑いんです。』

砂漠で手袋、熱帯地方で使い捨てカイロ、極寒のモンゴルでアイスクリーム、どれも絶対に売れない商品です。


ダイソーには海外向けの商品が無く、日本と同じ商品を並べてみて、初めてこれらが売れるのが分かりました。

もし現地で需要がある商品を用意して販売していたら、絶対に販売しなかったでしょう。

関係ないですがチベットのダライラマ14世は「紅茶花伝」が好きだそうです。


やってみて初めて常識が間違っていたと分かった例で、こういう事が世の中には無数にあると思います。

セオリーとか専門知識を学ぶと、最初から「こうに決まっている」と教えられますが、専門家も先輩から言われた事を信じているだけかも知れません。