ミトラのブログ 古墳と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


天川村・洞川へのバイク旅は寒かった

景色は綺麗だが寒気でガクガクする

f:id:nonoty32a:20180130160211j:plain

 

寒さに震える

この記事の写真は2017年10月初めに撮影しました。

奈良県の南部は山間地で北部のような観光地はなく、人口も非常に少ない過疎地になっています。

逆に険しい地形で自然は豊かなので、都会から離れたい人には、人気の旅行先でもあります。


天川村は南部の中では行きやすく、コンビニやGSなどがある大淀町から近い。

大淀町から天川村の洞川までは28キロで、簡単に行けるだろうと考えていました。

予想外だったのは寒さで、前の週まで大阪市内の最高気温は30度、前日も27度ありTシャツで過ごせる気温でした。

 

大淀町の吉野川の辺り、まだまだ余裕

f:id:nonoty32a:20180130160635j:plain

山の中は寒い、地元の車は80kmくらいで走るので、速度を上げるともっと寒い

f:id:nonoty32a:20180130160842j:plain


当日の奈良県の最高気温は22度だが最低気温は15度、南部はもっと寒かったようでした。

服装はペラペラのジャンバーにTシャツで、計算すると時速60キロだと体感気温3度以下になります。

真冬に薄着で歩いているのと同じ状況で、走っているうちに寒気がして震えが来ました。


大淀町から洞川までは1時間も掛からなかったのだが、着いたときには体が冷え切っていました。

間の悪いことに洞川温泉センターは定休日で開いておらず、休憩所もないので喫茶店でホットコーヒーを飲んで退散しました。

本当の目的は鍾乳洞とか歴史的な場所とか、高所からの絶景だったのだが、鍾乳洞に入ったら寒さで倒れそうだなと思いました。


春になって温かくなったら、もう一度リベンジしてみたい。

 

途中の黒滝村では奈良県南部で唯一のコンビニがある

f:id:nonoty32a:20180130161105j:plain

外でおでんや焼き魚などを食べれるが、この日は外だと寒い

f:id:nonoty32a:20180130161314j:plain

レストランでは弁当も食べることが出来る

f:id:nonoty32a:20180130161722j:plain

また走り出すが流れが速いので体感温度が非常に寒い

f:id:nonoty32a:20180130161916j:plain

到着、鍾乳洞に入って山の上から集落を見たかったが、この時点で凍えそう

f:id:nonoty32a:20180130162021j:plain

そうだ温泉で温まろうと思ったが定休日

f:id:nonoty32a:20180130162149j:plain

川面も冷たそうな景色

f:id:nonoty32a:20180130162319j:plain

事前に調べていた喫茶店ルナ

f:id:nonoty32a:20180130162412j:plain

夏は観光客で賑わうらしいが

f:id:nonoty32a:20180130162458j:plain

客は他におらず、冷たい氷水が出てきた(泣きそう)

f:id:nonoty32a:20180130162543j:plain

コーヒーは美味しかったが普通かな

f:id:nonoty32a:20180130162651j:plain

こんな山奥でもGSが営業してると感心する

f:id:nonoty32a:20180130162744j:plain

大工さんが家を建てているのをしばし眺める

f:id:nonoty32a:20180130162839j:plain

これ以上居ると身体が固まりそうなので、また震えながら走り出した。

いつかリベンジしたい

f:id:nonoty32a:20180130162953j:plain