ミトランブログ 古墳と日常

マネー、ニュース、古墳、旅

スポンサー リンク


コンビニなどバイト店員の質が低下している

できる人ほどすぐ辞めてしまう(写真と本文は無関係です)

f:id:nonoty32a:20180115133442j:plain

https://townwork.net/jo_img/town/detail/50795567/N1454831.jpgより引用

 

優秀なバイトは正社員になった?

今日はバイト店員の質が以前より落ちているじゃないかという話です。

少し前までは各店舗に1人ぐらい、テキパキと秒速で会計をこなす「プロ店員」が居ました。

たまたまその人にあたると素早く処理されるが、そうじゃない店員に当たると、かなり時間がかかります。


レジに数人並んでいると「一人当たり処理時間X人数」なので、目に見えて時間がかかる場合もあります。

それが最近は全員が同じように「普通の店員」になってエース級の人材が居なくなっています。

推測するところでは、エース級店員はどこかの会社にスカウトされるか就職したのではないかと思います。


コンビニバイトの時給は高くても1,000円ちょっとなので、1日10時間X26日働いて月30万円というところです。

月給としてはそう悪くないが、ボーナスや福利厚生なし、税金や保険は自腹なので正社員より悪いです。

コンビニバイトでキャリアを積んでも評価されないので、社員として就職したほうがいい。


こうして有能なバイトからくしの歯が抜けるように抜けて行き、残るのは普通のバイトの人達になります。

そして大阪では牛丼や外食店で外国人バイトが増えていて、有能なんだかそうじゃないのか良く分からない。

外国人バイトは「3ヶ国語ペラペラ、暗記力は抜群」の人から全然ダメの人まで差が大きいです。


優秀なバイトがコンビニから消えたのはそれだけ好景気なのでしょうが、レジで待ち時間が増えたのには閉口します。

 

おじいさん、おばあさん、外国人観光客とかが並んでいると、絶望的な気持ちになって別の店に行ったりします。