ミトラのブログ 古墳と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


カフェイン過剰摂取を引き起こすエナジードリンクとは

一日4本で過剰摂取になる商品も存在する

f:id:nonoty32a:20180104140421j:plain

朝日新聞https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170612005036_comm.jpgより引用

 

毒を健康飲料として販売

実は飲んだ事がないのだが、数年前から日本や世界で「エナジードリンク」が人気を得ています。

飲まないのはカフェインが濃いのを飲むと腹が痛くなるからで、普通のコーヒーや健康ドリンクで十分だと思っています。

日本中毒学会の調査によると、5年間で100人以上が救急搬送され、7人が心配停止になり3人がなくなっていました。


外国でもかなりの犠牲が確認されていて、未成年者への販売を禁止している国や州も存在します。

学会によるとカフェインは1グラム摂取で過剰摂取症状が現れ、心配停止になった人は6グラム以上摂取していました。

5年間で搬送された人を調査したところ、97人はコーヒーや複数のエナジードリンク、眠気防止剤を併用していた。


目的は深夜勤務などで眠気防止が多く、カフェイン摂取が日常的に習慣化していた。

通常のコーヒー1杯は0.1g程度なので、1gだと一度に10杯以上のコーヒーをマグカップ(200ml以上)で飲んだのに匹敵する。

代表的なエナジードリンク「モンスター エナジー」は1缶(355ml)に142mgのカフェインを含有している。


1缶でコーヒー1.5杯分しか入っていないのだが、コーラなどと同じく習慣性があり、一日に何本も飲む人が居る。

1日6缶も飲めば過剰摂取になる可能性があり、医師らは危険性を指摘している。

エナジードリンクの成分は科学的には「健康に良い成分は全く含まれていない」そうで、飲んで健康になることは無いそうです。


カフェインによって脳が刺激され、甘味料によって美味しく感じる、それだけのドリンクのようです。