ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


ライター起業はお勧めしない理由 将来につながらない

どんなに良い文章を書いても他人のものです

f:id:nonoty32a:20171230143759j:plain

https://i1.wp.com/1.bp.blogspot.com/-PSMYer3UBMM/VpjYop_f0pI/AAAAAAAAAWI/78B-D_GdthU/s1600/8.jpg?resize=590%2C332より引用

 

フリーライターをお勧めしない理由

フリーランスでライターをやっている人に、トラブルが多発しているという記事がいくつかのニュースで配信されていました。

ここで言うライターは新聞社や雑誌社などと契約している人ではなく、ネット上のランサーズなどでクラウドソーシングをしている人達です。

自分も少し経験した事がありますが、あまりお勧めできる仕事だとは思えませんでした。


経験と言っても自分が書いている(別の)ブログで、記事を外注に出そうかと一時期考えて、2度ほどライターを発注した側の経験です。

最初1文字2円で1000文字で募集しようかと思ったが、他の募集を見ると凄く安い仕事が多いので、半分にしてみました。

内心「安すぎるかな」と思って1000文字1,000円(ここから手数料を引いて800円が相手に渡る)で試しに募集してみました。


すると数分も経たないうちに最初の申し込みがあり、その人に経済記事を書いてもらう事になりました。

翌日出来上がった記事を見ると、内容はまあソコソコでしたが、どこかのサイトからコピーしたような文章でした。

後日もう一度同じ人に頼んだら、やはりどこかで見たような内容の文章で、また1回1,000円(手取り800円)を払いました。

 

ライターは将来に繋がらない

結局外注で自分が要求するような内容を他人に書いてもらうのは無理だと思い、今も全ての記事を自分で書いています。

外注でライターをやっていると、他人に気に入られるような文章を書くわけで、自然と個性はなくなりコピペばかりになっていきます。

掲載するのは自分のブログじゃなく他人のサイトなので、自分の個性を出すのは良くない事になります。


逆に自分自身のブログやサイトに最も必要なのは「自分の個性」なので、ライターとブログ運営は相反するものです。

「おれは両立している」という人は結構ですが、ライターをいくらやってもブログやサイト運営には繋がらないと思います。

ライターをやって文章力を磨くという人が居ますが、そんな事をするくらいなら、2日に1ページでも根性を入れてブログを書いた方が良いです。


ライターを副業にする人も居ますが、多くの募集は1文字0.5円以下であり、真面目にやったら1時間500文字程度なので時給300円以下にしかなりません。

コピペを多用すると時給500円以上になるでしょうが、それでもどこかでバイトした方がずっと良いです。

今は人手不足でバイトの募集が多いので、ライターよりずっと稼げるでしょう。


せっかく自分で文章を書いても、書いた文章は他人のものになり、サイトやブログも自分の財産にはなりません。

最大の理由がこれで、単価が1円でも2円でも「ブログがヒットしたら自分の物」というような将来の夢がないです。

それでも1文字いくらでライターをする気持ちは、ちょっと分かりません。