ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

仕事に使うなら大型デスクトップPCが良い


スポンサー リンク


大きいモニターでは多くの情報を同時に表示させ比較できる。

その為にはタワー型PCのパワーが物を言う

f:id:nonoty32a:20171203145824j:plain

https://kjshintani.com/wp-content/uploads/2017/09/IMG_5212_thumb.jpgより引用

 

デスクトップPCが良い理由

最近は所有しているIT機器はモバイルだけという人が増え、デスクトップPCはあまり売れていないようです。

あるネットメディアで、スマホで何でもできるのに、何でパソコン使うの?という女子高生の言葉が紹介されていました。

確かにデスクトップでできる事は何でも、薄型ノートPCでできるし、同じ事はタブレットでもスマホでも出来ます。


でも趣味ではなく仕事でIT機器を使うなら、最低1台はデスクトップPCを持っていると、とても便利です。

特にヤマダ電機とかで売っているモニター一体型や縦型のミニデスクトップよりは、大型のタワー型PCが良いです。

デスクトップにする最大の利点はモニターが巨大な事で、今は24型を使っていますが、30インチ以上にする事もできます。


モニターが大きいと一度に表示される情報量が多くなるので、作業効率がとても早くなります。

例えばニュースをチェックするのに、小さい画面ではいちいちスクロールしないと見れないし、スマホでは表示されない情報もある。

24インチの画面では一度にサイトの半分くらいが見えるし、下にスクロールするともう半分の全体が見える。


複数のページを見比べて情報を比較する事もできるし、同時にテレビ番組を表示させることもできる。

ネットを見ながら別なソフトを起動させて同時に表示させるのも、デスクトップなら軽々とこなせる。

複数のソフトを同時に起動させるにはノートPCや縦型PCでは不足で、タワー型PCの絶対的なパワーが物を言う。


パソコンは大きいから高いわけではなく、逆に小型化しなくて済む分、性能の割りに割安に買えます。

モニター込みで10万円出せば、かなり高性能なものが買えるでしょう。

モニターは大きいほど便利ですが、一般的には24インチから30インチくらいが使いやすいと思います。(置く場所も限られるし)