ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

ネット検索しても同じコピペが数万件出てくる問題


スポンサー リンク


数万件のコピペで一つの有益な意見が埋もれてしまう

f:id:nonoty32a:20171129132927j:plain

 

同じ意見のコピーが数万件

林修先生という人が「ネット検索ばかりしているとバカになる」とテレビで発言し、反発を買ったり共感する意見が寄せられているそうです。

言葉は違うものの、自分もこの数年同じような事に悩まされていて、それは「検索しても同じコピペが並んでいる」現象です。

林修先生によるとネットの文章しか読まない人に文章力は身に付かず、バカになっていくのだそうです。


ヤフーやグーグルで検索すると誰でも経験があると思いますが、同じ文章のコピーがずらっと並びます。

ブログを書くのに検索する事が多いのですが、多様な意見を聞きたいのに、同じもののコピペが数百ページも並んでいます。

いくら探しても有益な考証は探し出せず、ゴミの山が延々と続いているだけなのです。


歴史上の出来事で、複数の考証や意見を比較したいと思っても、同じ文章ばかりです。

これでは確かにいくらネット上の文章を読んでも、それは誰かが書いた文章のコピペに過ぎず、教室のメモを何度も回し読みしている状況です。

例え世界の誰かが何かについて、有益な情報を書いたとしても、ネット上の「受けるネタ」に追いやられるでしょう。


ブログを書いていると日々感じるのですが、ネットでは事実かどうかより「受けるか受けないか」で勝敗が決まります。

何日もかけて下調べをして、渾身の力を入れて書いた文章が「アッポーペーン」とかに負けるのです。

テレビドラマなんかでも、時間をかけて製作したものより、芸人が瞬間芸をしたり、無駄話する番組の方が受けるので、職人芸は衰退しています。


確かにネットだけ見ていたら「バカになる」し、受けているネットサイトほど、本当の事は書いていないと思います。