ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

ワークマンのバイク用防寒着その2(ズボンと靴)


スポンサー リンク


これが裏アルミパンツ

f:id:nonoty32a:20171104141849j:plain

http://store.workman.co.jp/item/item.html?i=245より引用

 

上着はイージス、下はどうする?

前にワークマンで防寒着のイージスを購入した事を書きましたが、その後ズボンと靴も購入しました。

イージスは上下セットだが最初から組になっていて、上下別のサイズを選ぶ事はできません。

購入したのはLだったが、LLだと上はぶかぶかでズボンは長さがかなり余る。

 

裏アルミパンツ、ベルトは別売り(400円)

f:id:nonoty32a:20171104142710j:plain

 


そこでLを選んだが、上はちょうど良いのに、下が太ももなどがパンパンの状態でした。

痩せている人には良いが、太った人や太ももの筋肉が発達している人には、ツッパリ感があります。

ネット情報でも書かれているが、イージスは上着だけで、ズボンは「おまけ」でしかないと割り切ったほうが良いです。

 

見た目温かそうではないが、風を通さず自分の体温で温まる

f:id:nonoty32a:20171104143029j:plain


そこでズボン(ワークマンではパンツと呼ぶ)を購入するが、店に行くと種類が非常に多いので困る。

「防寒、防風」を謳っているズボンで目に付いたのは、「ヒートアシスト」シリーズの「裏アルミパンツ」2900円でした。

宣伝タグをみると最も「防寒、防風」を強調してして、裏地がアルミホイルのように銀色になっています。


他のズボンは起毛が立っていたり、ふかふかして暖かそうだったが、風に強いかどうか不安があったのでパスした。

バイク用防寒着としてはまず風を完全にシャットアウトし、熱が逃げるのを防がなくてはならない。

いくら起毛が立っていてふわふわしていても、すきま風が入り込んだらバイクではまったく無意味です。

 

風が入り込まず寒くなりにくい(晴れた日は暑い)

f:id:nonoty32a:20171104143404j:plain

 

靴はマジックテープ

裏アルミパンツは触った感じが薄く、余裕あるサイズを選べば中に重ね着が可能です。

選んだのはLLでそのままではダブっとしていたが、普段着ズボンの上に履くとぴったりのサイズでした。

同時に防寒靴も買う事にしていたが、最初考えていた防寒ブーツが、持ってみると予想より重く、靴紐が結びにくそうでした。

 

靴はこれを買いに行ったが、予想以上に重く、紐を締めるのも面倒なので断念した。

f:id:nonoty32a:20171104143607j:plain

次はこれが良いと思ったが、サイズは合っているのに、かかとが入らず断念(靴は絶対に履いてみるべき)

f:id:nonoty32a:20171104143730j:plain


ただでさえゴワゴワした防寒着を着込んでいるので、しゃがんで靴を解いたり結ぶのは困難と考えてパスしました。

店内を物色していると、マジックテープで止めるタイプの「ハイカットブーツ」1900円があり、履いてみたら丁度良かったのでこれも購入しました。

紐タイプと違って全体を覆うようになっているので、風に強く暖かそうで、履いた印象も悪くなかった。

 

処分品みたいに置かれていた「ハイカットブーツ」を履いたら、とても良かった

f:id:nonoty32a:20171104143858j:plain


こうしてイージス防寒着と、裏アルミパンツ、マジックテープの防寒靴というフル装備が完成しました。

まだ本格的な寒さではないが、気温12度くらいの時に数時間走ってみて、隙間風がどこからも入ってこないのは確認できました。

防寒性は中に着るインナーでかなり違うが、寒くて震える事はありません。

 

簡単に履けて軽く、温かい

f:id:nonoty32a:20171104144046j:plain


むしろ朝寒くて日中気温が上がってしまうと、暑くて汗が出まくる方が難点です。

外側の装備はこれで完成として、本格的に寒くなったら、中に着るインナーを購入して書いてみます。

靴については長時間歩くには底が固くて歩き難い気がするが、主な用途はバイクに乗る事なので、軽くて非常に良いです。

 

 マジックテープなので片手で着脱できる

f:id:nonoty32a:20171104144211j:plain

長時間歩くには底が硬いが、バイクなら問題ない

f:id:nonoty32a:20171104144307j:plain