ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

東芝プチ株を買った結果 神戸製鋼はどうする


スポンサー リンク


東芝の株価、みんなが倒産すると叫んでいた時が底値でした

f:id:nonoty32a:20171014114308j:plain

株探ニュースhttps://kabutan.jp/images/newsimg/n201710120293-01.jpgより引用

 

落ちた株は買え

「落ちた株は買え」というマイ格言を勝手に作り、三菱自動車のプチ株を買い、値上がりして小遣いを得ました。

続いて不祥事を起こした東芝のプチ株も購入したのだが、予期せぬ事が起きました。

1月と2月に少しずつ買い付けて、確か3月も少し買おうとしたら「特設注意市場銘柄」でプチ株取引ができなくなっていました。


売ることも買うこともできるのだが、カブドットコムではプチ株だけを禁止してしまい、既に買ったプチ株も売れなくなりました。

自動的に塩漬けになってしまい半年が経過した10月12日に、突然注意銘柄解除が発表され、ログインしたらプチ株取引可能になっていました。

プチ株というのはカブコムが独自に行っているサービスで「1株」から取引が可能になっています。


ただし1回の取引で100円近い手数料が掛かるので、1度に数千円買って、何割か値上がりしたら売却するのが基本戦略です。

倒産や上場廃止報道の中で半年保有していた結果、なんと平均買い付け価格より5割も値上がりしていました。

三菱自動車のときも思ったのですが、プチ株じゃなく100万円くらい買っていれば良かったです。

 

神戸製鋼の倒産が新聞の1面に載ったら「買い」

最近不祥事を起こして絶賛暴落中なのが神戸製鋼で、品質データを偽造して販売するという悪い事をしていました。

旅客機や自衛隊の装備品、トヨタなど自動車用鋼材も擬装していたので、今後経営危機に発展する可能性が高いです。

と言っても神戸製鋼ほど有名で実績がある一流企業だと、95%くらいの確率で国とか業界とか銀行が救済します。


残りの5%の可能性として上場廃止とか倒産、暴落で株が紙切れになる可能性も存在します。

「倒産は決定的」と報道されても95%くらいの確率で生き残り、しかも株価は2倍以上に値上がりするケースが多いので、トータルでは利益が出ます。

ではいつ買うかというと、読売や朝日の1面に「神戸製鋼経営破たんか」と載り、ニュース23とかで神戸製鋼倒産のニュース一色になったら、その時が買うべき時です。


評論家やアナリストが「買うな」と言っている時は底値なので、その時が買い時。

反対に評論家や自称プロ(笑)達が推奨していたら、割高なので買うべきではないです。

ただし突然上場廃止になったり、様々なトラブルが考えられるので、現実的には遊びの範囲にとどめるべきでしょう。