ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

明治天皇陵と桓武天皇陵 京都市伏見


スポンサー リンク


明治天皇陵はとにかく広い

f:id:nonoty32a:20171010154414j:plain

 

天皇陵を巡る7回目(8、9か所目)

全ての天皇陵を制覇するシリーズですが、108か所もあるので1か所ずつでは何年も掛かるのが分かり、一度に2か所紹介する事にします。

今回は京都に行ったので、都合よく同じ場所にある、明治天皇陵と桓武天皇陵です。

同じ場所というのは地図上でそんな風に見えたからですが、実際には離れていました。

 

バイクを止めるには寂れた公園脇が良い。

(写ってるのは自分のではない)

f:id:nonoty32a:20171010154624j:plain

薩長と幕軍が戦った御香宮神社。

歴史愛好家グループのおじさん達が集まっていた

f:id:nonoty32a:20171010154817j:plain


明治天皇陵は豊臣秀吉が築いた伏見城跡地にあり、桓武天皇陵も同じ場所にある、かのように見えました。

大阪南部から京都市伏見区までは一般道を通って約50km、時間にして1時間半から休憩を入れて2時間弱というところです。

時間も距離も大したことはないのだが、大阪市中心部の最も交通の激しい所からスタートし、道中ずっと交通量が多い。

 

屋台が並んでいるが、9時ごろなので開いていない。

f:id:nonoty32a:20171010155042j:plain

子供相撲が始まるようだが見ずに出る

f:id:nonoty32a:20171010155222j:plain


しかも流れが速いうえに大型トラックが多いので、バイクで走るには快適とは言えない。

早朝に出発して9時前には市内に入り、戊辰戦争で薩長と幕軍が戦った御香宮神社を、見て回りました。

秋祭りがあるらしく屋台が並んでいたが、時間が早いのか明日からなのか1軒も開いていなかった。

 

駐輪場を探して伏見城周辺を走っていると、唐突に桓武天皇陵と書かれていた

f:id:nonoty32a:20171010155342j:plain

ダラダラした坂道を上る

f:id:nonoty32a:20171010155544j:plain


子供相撲大会が始まるまえに後にし、目的の伏見城跡へと向かった。

無料駐車場が女子プロ野球の為に有料になり500円必要と言われて憤慨し、適当な場所に路上駐輪を決め込む。

歩いて数分で桓武天皇陵は有り、今日は楽勝だなと思いながら散歩気分でダラダラ坂を上ります。

 

数分歩くと「桓武天皇陵」「明治天皇陵徒歩15分」と書かれた棒がある。

f:id:nonoty32a:20171010155719j:plain

f:id:nonoty32a:20171010155841j:plain


ところが行けども行けども明治天皇陵はなく、案内板がないので道を間違え、20分もかかりました。(ずっと上り坂)

明治天皇陵の印象は「やたら広い」で、今まで見てきた10か所ほどの天皇陵とは異質な空間でした。

今までの前方後円墳は1,000年以上の歳月で、地球誕生からそうだったかのように周囲に溶け込んでいました。

 

見慣れた高札、ここがまさに桓武天皇陵

f:id:nonoty32a:20171010155913j:plain

f:id:nonoty32a:20171010160030j:plain


山の上にある丘陵は最初から自然の山そのものであり、「木が密生するただの山」でした。

明治天皇陵は天皇陵の為に開かれた土地で、新しいので人工的な気配がしました。

桓武天皇陵は公園のような一角にあり、あまり重要な人物ではなさそうな印象を受けた。

 

周囲を回る事はできないが、森に囲まれ良い雰囲気

f:id:nonoty32a:20171010160106j:plain

今日は楽だな、とこの時は思った

f:id:nonoty32a:20171010160124j:plain


帰って調べてみると、桓武天皇の母は百済系渡来人の子孫で、平城京から長岡京、さらに平安京への遷都を行った。

国内の政争から混乱した時代だったらしく、百姓が困窮しているなどの記述がみられる。

生前没後ともに、桓武天皇の評判は高くなかったと言える。

 

桓武天皇陵からずーっと上り坂を歩く

f:id:nonoty32a:20171010160320j:plain

いい加減な案内板に何度か騙されて、管理施設らしい建物に出るが、ここから天皇陵までまた歩く

f:id:nonoty32a:20171010160505j:plain

道中ずっと小石が敷いてある道で、カマボコ型の上に凸凹なので、このうえなく歩きにくい。

f:id:nonoty32a:20171010160647j:plain

ついに参拝所らしい空間に出る

f:id:nonoty32a:20171010160828j:plain

とにかく無駄に広い、奥行きもある

f:id:nonoty32a:20171010160941j:plain

反対側は展望が良い、老人のハイキングコースになっている。

f:id:nonoty32a:20171010161021j:plain

遠くに小さく写っているのが本当の陵墓で、とてつもない広さなのが分かる

f:id:nonoty32a:20171010161159j:plain

参拝する人たち

f:id:nonoty32a:20171010161311j:plain

ここまで来たからちょっと入りたかったが、やはり入れない

f:id:nonoty32a:20171010161451j:plain

f:id:nonoty32a:20171010161518j:plain

喉カラカラ汗ダラダラで同じ道を帰っていく

f:id:nonoty32a:20171010161644j:plain