ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

ブログは「書かないでいると、書く事がなくなる」


スポンサー リンク


書かないでいると、どんどん書けなくなる。

f:id:nonoty32a:20171009124324j:plain

 

ブログは書かないと書けなくなる

他人のブログを見ていると、ほぼ毎日更新する人、数日ごとに更新する人、たまに更新する人に分かれます。

書き始めた最初は勢いがあって更新頻度が高く、文章にも力が篭っていて、やる気が伝わってきます。

ところが3ヶ月くらいすると力が抜けてやる気が感じられなくなり、半年以内で多くの人が更新しなくなります。


やる気とか勢いが続くのはせいぜい3ヶ月で、最初に構想した書くネタが尽きるのも、だいたい3ヶ月くらいです。

書く事がなくなってやる気も失せた後で、更新し続けるかどうかが、続くブログと終わるブログの違いです。

ブログとか文章は書かないで居ると、さらに書くのが難しくなるとされています。


著名な小説家とかも「一日でも書かないと、一日分下手になり、書けなくなる」というタイプの人が多いです。

ブログも間を空けることで、日数の分だけ書くことのハードルが上がり、さらに書けなくなると思います。

相撲の貴乃花が「毎日稽古しないと相撲を取れなくなる」と言っていましたが、文章を書くのもそうでは無いかなと思います。


書く事がなくなって一日書かないでいると、翌日にはもっと書く事がなくなって、間隔を空けるほど頭の中は空っぽになります。

文章を書いている間に次の「書きたい事」が浮かんだり、ネタ帳に次のネタをいくつも書き留めています。

ブログ更新の壁になる時期が、1ヶ月、3ヶ月、1年、3年くらいの時期に来るのではないかと思います。


最初の1ヶ月は勢いのままに書くが、目も当てられないほど文章が下手で、自分で読んでも嫌になるでしょう。

3ヶ月くらいでネタ切れになり、1年くらいで初期のやる気や情熱は使い果たします。

3年くらい経つと色々な要領が分かってきて、ブログ収入も増えてきて、セミプロっぽくなります。


でもほとんどの人は、そこに辿り着くまでに辞めてしまいます。