ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

石破茂が自民離党で大混乱か


スポンサー リンク


「鉄コン」イベントで一緒になった小池と石破

f:id:nonoty32a:20171007125745j:plain

https://linkbal.co.jp/wp/wp-content/uploads/2015/01/train01.jpgより引用

 

石破茂離党報道が駆け巡る

小池知事が旗揚げした「希望の党」は民進党との合流が発表された直後は、10月22日の衆院選で過半数を取るのではないか、と思われていました。

その後、左派議員の合流拒否や小池知事の出馬問題などで期待感は下がり、ブームは早くも収束しています。

世論調査では旗揚げ直後は自民党の票を奪う勢いだったが、現在では自民30%、希望の党10%台と2倍の差がついています。


結局今回は自民党が楽勝なのかと思いきや、新たな隠し玉として「自民党から石破茂を引き抜く」という報道が、駆け巡っています。

石破茂は2012年の自民党総裁選で、党員投票では安部氏を上回りながら、議員投票で破れました。

2014年には「石破の乱」を起こして安倍首相に反旗を翻し、総裁選立候補を表明したが潰されてしまいました。


この時から明らかに石破氏の安倍首相への発言が変わり、安倍首相がする事には何でも反対するようになりました。

森友、加計問題でも真っ先に野党に同調して証人喚問を求め、安倍糾弾の先頭に立っていました。

安倍が憎くてしょうがないと言わんばかりにテレビで発言し、以前は賛成していた憲法改正や自衛隊強化にも反対しています。


こんな石破氏なので離党もありえると以前から言われていたが、一方では自民党総裁として首相になりたいようにも見える。

現実問題として離党して野党の党首になっても、首相のチャンスはブームの時一回であり、首相に成る手段としては褒められない。

自民党で出世していったほうが、この先もチャンスはあるので、本当に離党するかは分からない


裏切り男と裏切り女

もう1人造反が囁かれているのが野田聖子総務相で、右派の安倍首相とは正反対の自民党左派議員です。

やはり安倍退陣を公然と要求した事があり、自分が総裁になるチャンスを、虎視眈々と伺っています。

小池知事はこうした不満分子を「首相の座」を約束して引き抜いてくる離れ業を考えているかも知れない。


もう一つの可能性は、石破や野田が自民党に留まったまま、安倍首相に退陣要求する可能性です。

10月22日衆院選で自民が過半数割れしたり、安部首相の責任論が浮上したら、反安倍議員は一斉に退陣要求します。

そこで石破や野田が希望の党と連携し、「石破を首相にするなら連立してもいい」と持ちかけます。


もし反安倍議員が離党すれば自民党は政権を明け渡す事になるので、石破首相で希望と連立する可能性があります。

自民党が圧勝すれば安倍首相の責任論も起きないので、空論になるのだが、小池知事はこうした空中戦を仕掛ける事で、自民党を崩壊させようとしている。

希望の党が最低でも100議席以上取るのが条件であり、もし100議席未満なら過去の維新と同じく、泡沫政党化するでしょう。