ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

脂肪を多く摂取するほど健康になる と世界的権威の医学誌が発表


スポンサー リンク


焼肉は脂肪たっぷりな方が身体に良かった?

f:id:nonoty32a:20171003132418j:plain

https://rakuyase-diet.jp/wp-content/uploads/2014/11/Fotolia_15363967_XS.jpgより引用

 

脂肪をたくさん摂るほうが健康だった

脂肪をたくさん摂取するほど健康で長生きするという情報が、あるウェブサイトに掲載されました。

と言っても某Denaのキュレーションサイトではなく、ランセットという医学雑誌のオンライン版でした。

ウィキペディアによるとランセットは「世界で最もよく知られ、最も評価の高い世界五大医学雑誌の一つ」だそうです。


過去には論争を起こした記事もあったものの、記事の信憑性は極めて高く、医師や科学者に愛読者が多いとされている。

そのランセットが東洋経済の記事によると、カナダ・マックマスター大学の論文を8月29日に掲載しました。

調査は18カ国約13万人を平均7年間追跡したもので、所得や人種などの片寄りを無くしています。


調査結果は第一に、『炭水化物摂取量と死亡リスクは関連している』これは以前から言われていた事でした。

第二に、『脂質の摂取は死亡リスク低下と関連』つまり脂肪を多く取った人の死亡リスクが低下していました。

第三に、『脂質の種類と心血管疾患(CVD)、心筋梗塞、CVD死と関係しない』どんな種類の脂肪でも良いらしい。


第四に、『飽和脂肪酸は脳卒中と逆相関』つまり飽和脂肪酸を多く摂取するほど、脳卒中は低下していた。

医師が「脂肪を控えてください」と言っていたのは、わざわざ患者の寿命を縮めていた可能性が高い。

ガンで亡くなった女子アナや芸能人は例外なく痩せていましたが、おそらく脂肪をほとんど摂取していなかったでしょう。


ガンの原因は不明ですが、「脂肪を多く摂取する方が、健康で長生きする」のが今後常識になるでしょう。

一方で炭水化物つまり糖質は「悪玉」と断定されてしまい、ますます肩身が狭くなります。

これからは脂肪たっぷりのしもふり牛健康法とかが流行するかも知れません。