ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

金正恩の母が暮らした大阪鶴橋


スポンサー リンク


55年前の建物はほとんど無いが、こんな感じだったかも知れない

f:id:nonoty32a:20170910115124j:plain

 

金正恩は1991年に来日していた

読売新聞・ 中央日報などによると金正恩は1991年5月12日、兄の金正哲、叔父の張成沢とともに来日していました。

張成沢は労働党青少年組織の幹部で、平壌学生少年芸術団も同時に来日しており、日朝交流が盛んな時代でした。

当時まだ拉致疑惑はなく、海部総理は過去の戦争に謝罪し、日朝国交正常化交渉を行っていて朝鮮総連は「外交官」のように振る舞っていた。

 

神社は間違いなく当時のままの筈

f:id:nonoty32a:20170910115636j:plain

柱には大正3年とあった

f:id:nonoty32a:20170910115730j:plain


来日した金正恩に数日遅れで、母親の高英姫も、おそらく少年芸術団の同伴者として来日し、一家で東京ディズニーランドに行ったのが分かっている。

金正恩は他人のブラジル旅券に自分の写真を張り、「ジョセフ・パク」という名前で入国していました。

母親の高英姫は元在日韓国人の北朝鮮帰国者だったので、正式なパスポートとビザで入国したと見られている。

 

近くにはコリアタウンがある

f:id:nonoty32a:20170910115834j:plain

生野区の3人に1人は在日か帰化人なので、当時も韓国人向けの飲食店が多かった

f:id:nonoty32a:20170910115937j:plain


この時金正恩は10日間ほど日本に滞在し、その後も複数回日本に入国したと、中央日報やデイリーNKジャパンは伝えている。

この時8歳の金正恩を保護者として引率した叔父の張成沢は2013年12月12日に、金正恩によって粛清されなくなっている。

そして兄弟と同じように日本に偽造旅券で入国し、ディズニーランドに行こうとした異母兄の金正男は東京税関に捕まっている。

 

韓国人とえばキリスト教が最大の宗教

f:id:nonoty32a:20170910120253j:plain

大阪の教会のほとんどは韓国系

f:id:nonoty32a:20170910120314j:plain

 

 

もう一人の高英姫

実は金正男の密入国を日本政府に伝えたのは金正恩を支持するグループで、次期最高指導者争いから金正男を脱落させるためだったとも言われている。

その金正男は北朝鮮から追放されたうえに、2017年2月13日に金正恩の刺客によって亡くなりました。

母親の高英姫はガンだったのだが、息子を最高指導者にするため手術を拒否し、2004年になくなりました。


なんとも凄い一家なのだが、今回はその金正恩の母親の高英姫が、大阪の鶴橋で「高田姫」と名乗っていたという話です。

高英姫の父親高京沢は戦前日本軍とのビジネスで成功し、戦後も事業で羽振りが良かったが、女癖が悪く妻が何人も居たようです。

当時禁止されていた韓国との密航船を運営して逮捕され、当時行われていた北朝鮮への帰国事業で日本から追放されました。

 

細い路地に入ると昭和にタイムスリップする

f:id:nonoty32a:20170910120519j:plain

f:id:nonoty32a:20170910120604j:plain


1962年10月に何番目かの妻と一緒に北朝鮮に渡ったのが、当時10歳だった高英姫こと高田姫でした。

なお当時の在日韓国人は最大5つくらいの日本名を役所に登録できたので、姫の他にも姫子や別の通名があった可能性が高い。

高京沢は北朝鮮では資産家、事業家として厚遇されたらしく、高英姫は音楽舞踊大を卒業し万寿台芸術団に入り「喜び組」の一員になりました。

 

何十年も変わっていなさそうな風景

f:id:nonoty32a:20170910120747j:plain

道端で包丁を売っている人

f:id:nonoty32a:20170910120800j:plain


高京沢の一家は1962年に帰国するまで、現在の大阪市鶴橋3丁目に住んでいたとされ、姫が通ったのは鶴橋北小学校だったとされています。

おそらく姫は1991年に日本に入国したとき、鶴橋の元住んでいた辺りを、歩いてみたのではないでしょうか。

なお高京沢の一家が住んでいた住所は現在は不明で、近所にもう1人、2歳違いで和田ア●コさんや力道山の知人の「高」さんの娘が北朝鮮に帰国していました。

度々間違えられているが、和田ア●コと力道山の知人の「高さん」は金正恩や高英姫とは、無関係らしいです。

という訳で鶴橋3丁目付近の、当時の面影が残っている場所を中心に、撮影してみました。

 

喫茶店らしい

f:id:nonoty32a:20170910120942j:plain

狭いのに自転車がガンガン走ってぶつかる

f:id:nonoty32a:20170910121043j:plain

買い物中の韓流おばさんが多い

f:id:nonoty32a:20170910121129j:plain

キムチ通りはキムチ屋だらけ

f:id:nonoty32a:20170910121234j:plain

高英姫も母に連れられてキムチを買った筈

f:id:nonoty32a:20170910121334j:plain

狭い路地に小さな店が多い

f:id:nonoty32a:20170910121500j:plain

こうした地蔵尊は新しくなっても場所は移動しない

f:id:nonoty32a:20170910121532j:plain

高英姫が10歳まで通った小学校

f:id:nonoty32a:20170910121647j:plain

建物はピカピカで当時の面影はない

f:id:nonoty32a:20170910121732j:plain

学校近くの古い長屋

f:id:nonoty32a:20170910121927j:plain

近くの小さな神社、木材や後ろの木は当時のままかも知れない

f:id:nonoty32a:20170910122046j:plain

昔の面影を残す建物

f:id:nonoty32a:20170910122232j:plain

f:id:nonoty32a:20170910122454j:plain

この辺には公園が少ないので、高英姫もここで遊んだ可能性は高い

f:id:nonoty32a:20170910122313j:plain

何なのか分からなくなっている店

f:id:nonoty32a:20170910122542j:plain

数十年前はおしゃれな一角だったろう

f:id:nonoty32a:20170910122613j:plain