ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

生活保護受給は「おいしい」のか


スポンサー リンク


贅沢にも見えるが、廃止すると代わりの制度にもっと金がかかる

f:id:nonoty32a:20170726185043j:plain

http://hitomoti.com/wp-content/uploads/2016/12/%E7%94%9F%E6%B4%BB%E4%BF%9D%E8%AD%B7.002.jpeg

 

生活保護は「おいしい」か

生活保護を受給すると楽して生きれるような風潮がありますが、実際にそうなのかを考えてみます。

支給される金額は少ないものの、非課税で国保や年金も免除、NHKや医療費も免除など優遇されています。

まず家賃である住居費は、大阪だと4万円代前半、東京だと4万から5万円台前半のようで(一人の場合)、これは生活保護費として支給されます。


住居費も含めた生活保護支給額は東京で13万円代、大阪は少し安くなると思います。(一人の場合)

単身世帯では家賃を除いて月額8万円くらい、4人世帯だと14万円くらい、母子家庭(2人)だと13万円くらいになります。

例えば4人世帯だと年168万円になり、これで足りるのかと思うが、住居費と医療費の2大支出+税金を払わなくていい。


多くの家庭の最大の負担である「家、車、医療、税金」が無いので、余らないにしても暮らしていけるようです。

ところで生活保護というと全く働かないイメージがあるが、働いて収入を得る事もできる。

月収1万5千円までは自由に働いて良く、1万5千円を超えると生活保護費を返す事になっている。


生活保護受給者は健康に問題がある人が多いので、不正受給でない限り、多額の副収入はないでしょう。

病気の人が医療費や生活費を捻出できない場合が多く、健康で働けそうな人は、認められない場合が多い。

受給すると生きていけるわけだが、問題として「一度受給したら抜けられない」と言われている。

 

生活保護費総額4兆円は高いか?

一定以上の収入があれば打ち切られるので、受給する為には働かない、そのうち働けなくなってしまう。

働かなくて良い代わりに「働けない」という状況は精神的に辛く、否定的な感情を抱きやすい。

生保ビジネスというのがあって、道端のホームレスを役所に連れて行き、生活保護を受給させてピンハネします。


受給者を食い物にしているのだが、ホームレスとか本当の貧困者は、役所の手続きとか全くできないし知識もない人ばかりです。

変なNGOにピンハネされながらも、それによって受給できるようになったのも事実です。

生活保護受給者数は213万で過去最高水準で、受給者の過半数は60歳以上の働けない高齢者でした。


生活保護費の総額は約4兆円で、使いすぎているという批判があるが、実は生活保護によって支出が抑えられている面がある。

もし生活保護を廃止して外国のように貧困者収容施設を日本中に作ったら、現在の生活保護より大きな予算が必要になります。

現在は生活保護を支給することで、民間アパートを安く利用しているから、これだけの支出で済んでいるのです。


公費で貧困者施設を建てたら民間より数倍高いに決まっているし、職員も準公務員の高給取りになるでしょう。

それに大半が高齢者と障害者、病気の人なので医療制度や高齢者福祉の役割もあり、4兆円が多すぎるともいえません。