ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

ネットのチケット転売は儲かるか


スポンサー リンク


無効になるのを知って転売したら詐欺になる

f:id:nonoty32a:20170619151439j:plain

http://nsl-enter.com/wp-content/uploads/2016/08/ticket_no.jpgより引用

 

チケット転売は儲かるか

チケット転売がまた流行を見せていて、ライブチケットが高額転売されて問題になっている。

普通なら「転売は許せない」と激高するところだが、ライブには行かないので逆に「幾ら儲かるのか」を考えたい。

メディアによるとスポーツで数万円から10万円、人気グループのライブだと数十万円で売れる。


転売が盛り上がっている背景には、国内ライブイベントの隆盛があり、この数年イベント数が増えていました。

CDが売れなくなり歌番組もなくなった歌手達は、ライブ数を増やしで稼ぐしかなくなったと言われている。

実はかなり前に「チケット転売って美味しいのではないか」と思って調べた事があるが、チケット入手が難しい。


簡単な話、入手困難だから高値で売れるので、すぐ入手できるものは購入価格より安くしか売れない。

野球やサッカーの普通の試合とかはもちろん赤字で、確実に入手できるライブチケットも赤字になります。

入手困難なチケットを入手するには、ファンクラブに入会するが、これも抽選で確実ではない。


そこでもっと確実に入手したい人は、家族や知人友人親戚などを活用して、10人くらいの名義でファンクラブ会員になります。

だがこういう事をしているのは一般の素人の人で、プロはもっとあくどい事をやります。

要するに自分が買った値段より高く売れれば良いのだから、買占めによって元の値段の数倍に価格を高騰させます。

 

小遣い稼ぎにはなるが

買占めといってもネットで入札するだけで、値段を吊り上げて料金は払わず、自分のチケットだけ高額で売りさばきます。

最近は主催者も転売に神経をとがらせていて、身分証と一致しないと入場できないケースがある。

主催者が販売した人と、現実に入場する人を照合するのだが、転売チケットを購入して弾かれる事になる。


主催者、転売屋、購入者の間でトラブルになり、警察に訴える人も、中には存在します。

チケット転売行為は個人が購入し、都合で行けなくなった場合に転売しても、何ら違法ではない。

だが最初から「転売する目的で」購入して転売するのは違法で、逮捕者もかなり出ています。


芸能人のファンクラブに複数名義で登録して、自分で行かないチケットを何枚も購入するのは、完全な違法行為です。

ヤXオクにいつもチケットを出品している人も、常習性があるので完全に違法で、逮捕されたら言い逃れは出来ません。

たまに入手できたチケットを出品するなら「行こうと思って購入した」と言えますが、毎日10枚も出品していたら通用しません。


このようにチケット転売は小遣い稼ぎにはなるものの、それで生活できるほど稼いだら、確実に違法で逮捕リスクがあるのです。

ましてや買占めと価格売上げは組織犯罪になります。

さらに身分証確認があるチケットを転売するのは、詐欺罪にも該当しています。