ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

大阪市立図書館でノマドはできるか?


スポンサー リンク


図書館というより要塞のようである

f:id:nonoty32a:20170414164848j:plain

 

大阪の図書館は「戦場」である

大阪という街では絶えず皆が殺気立っていて争いが絶えないが。争いと無縁な図書館でも他人との競争になる。

他の県の田舎の図書館では。暇な主婦が幼児を遊ばせながら休憩したり、高齢者が時間を潰す場所になっていると思う。

高齢者は周囲と関係なく居眠りをしているが、とても主婦と幼児が暇つぶしに来るような雰囲気ではない。

 

重々しい正面入り口から入ると・・・

f:id:nonoty32a:20170414165403j:plain


そんな危険な雰囲気を漂わせる大阪市立図書館だが、一応は「図書館」だからPCを持ち込んでノマドをしてみようと思い立った。

危険というのは本を読んでいると背後から襲われる、というようなことではなく、人々が気が立っていて、図書館の中にいると緊張してしまうのです。

他人への許容度が低い人が集まっている、あるいは「意識高い系」の人達が集まっているのだと思う。

 

ヤマザキのコンビニがありパンやドリンクが買える

f:id:nonoty32a:20170414165449j:plain


まずモバイルPCを持ち込んで館内に入り机とイスを探すのだが、これがどこに行っても見当たらない。

空いているスペースはあるのだが、誰一人としてPCを広げていないので、PC利用禁止になっていると感じた。

どこにもそう書かれてはいないのだが、良く見ると壁に張られた注意書きには「パソコンでキーを叩く音が迷惑になります」のような事が書かれていた。

 

この日はダウン症の写真展をやっていた

f:id:nonoty32a:20170414165605j:plain


つまりパソコンを開いても良いが、「キーボードを叩くと音が出る」から職員から辞めるように言われるらしい。

さすがは「意識高い系」で、パソコン禁止とは言わず「キーボードを叩くな」と言うのだった。

とても論理的ですね。

 

館内は広いが一人もpcを使っていない

f:id:nonoty32a:20170414165704j:plain

 

図書館戦士たち

周りを囲ってあるブース席でもPCを使っている人はおらず、学習席でも居ないので、明らかにパソコン禁止になっているが、それでいてどこにも「PC禁止」とは書かないのである。

こういう陰湿さや陰険さが大阪人の真骨頂で、人を疲れさせるので、はっきり「パソコン使用禁止」とでも張り紙をして欲しいものだ。

地下から3階まで歩き回ったらやっと3階で「WIFIルーム」があり、室内では全員がノートPCを取り出して何か必死に作業している。

 

パソコン禁止っぽい雰囲気

f:id:nonoty32a:20170414165804j:plain


その室内に入ったら緊張で胃に穴が開きそうな気がしたので入らず、近くの大テーブルで2人がノートPCを出して作業していたので、同席する事にした。

注意書きを見るとその大テーブルは「本や新聞を見ながらパソコンで作業する場所」で、パソコンのみを目的とした利用を禁止しているようだった。

ここも「パソコン禁止」とは書かないが、回りくどい表現で禁止していて、陰険さと敵意を感じさせる。

 

情報機器利用席というのがあり、「ここ以外でPC使うな」と言いたいらしい。

f:id:nonoty32a:20170414165958j:plain

どっこいしょとPCを広げる

f:id:nonoty32a:20170414170030j:plain


そこしか場所がないので注意書きは無視して勝手にパソコンを取り出し、ブログを書いたりネットで検索したりしたが、どうにも落ち着かない。

周囲は静かなのだが、人々の気配がただならぬ緊張感をもたらし、リラックスしてはいけないような雰囲気なのである。

1時間半ほど作業し、あまり居心地が良くなかったので館内を見学して後にした。

 

WIFIルームがあったが、「必死な人以外入室禁止」のような雰囲気で入らなかった。

f:id:nonoty32a:20170414170303j:plain

 


前にも何度が来た事があるのだが、何度来ても本を読む気にならない不思議な図書館です。

公園ででもノマドしたほうが、よほどリラックスできるでしょう。

 

こういう空いている席もPC禁止なのだ

f:id:nonoty32a:20170414170519j:plain