ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

バイク業界の汚い仕組み


スポンサー リンク


正規ディーラーにそのメーカーのバイクを持ち込んでも修理拒否する業界

f:id:nonoty32a:20170405151445j:plain

http://元ヤンナオ.com/img/ysp.jpg

 

修理を断って新車を買わせる手口

バイクでも買おうかなと思って情報収集をしたのが、調べれば調べるほど、買いたくなくなる情報が集まってくる。

バイク業界の長年のしきたり、風習といったものがユーザーの都合はお構いなしに決められていて、バイクブームを終わらせる原因にもなった。

80年代後半から90年代前半に空前のバイクブームがあり、多くの人がバイクを購入したが、数年後にサハラ砂漠の樹木のように消え去った。


人々が飽きたとかバイクは危険だから、あるいは雨や風や雪が当たるとかもあるが、それよりバイク業界の不愉快な風習に人々が呆れ返ったからだと思う。

むかし実際に多くの人が経験した事だが、ホンダやヤマハのバイクを数十万円で購入して、故障や不具合が起きたとする。

機械だから当然壊れるし、エンジンを高回転で回して転んだりすれば頻繁に不具合は起きるわけだが、メーカーの正規代理店ですら修理を断るのだ。


これは自分で本当に経験したことなのだが、某都市のヤマハスポーツプラザ(YSP)というヤマハの正規販売店兼修理店に動かなくなったヤマハのスクーターを持ち込んだ。

するとYSPのあんちゃんが症状を聞いてバイクに触りもせず「そんな症状は今までに聞いた事がありませんね。うちでは修理不可能です」と言ったのだった。

当時はインターネットも使っていなかったし、スクーターの知識もなかったが、今考えるとその症状は「Vベルト」が切れただけである。


Vベルト交換はギアボックスを開けるので面倒だが、バイク屋ならチョイチョイと交換する程度で「修理不能」なんてありえない。

要するにそこのヤマハディーラーは安い工賃で修理するのが嫌だったので、断る口実に「聞いた事も無い。修理不可能だ」と大嘘をついたのだった。

そしてこういう事はヤマハだけでなく全てのメーカーで、日本中のバイク屋で毎日繰り返されている。

 

バイク業界のスーパーボッタクリ

電気屋では良くあるが「修理不可能だ」と客に信じ込ませて新品を買わせる手口であり、こう言われたらほとんどの人は修理を諦めるでしょう。

自分もその頃は純真だったので『ヤマハスポーツプラザ』の大嘘を真に受けてしまい、まだ乗れたバイクを廃車にし、それ以来ほとんどバイクに乗らなくなりました。

バイクブームでバイクを購入した人の多くが、似たような経験をして数年でバイクから降りたのではないでしょうか。


呆れた事にバイク業界は現在も当時と同じような商売を続けながら、「バイクが売れない。若者のバイク離れが深刻だ」などと言っているのです。

「おめえが客を騙してきたからバイクが売れなくなったんだよ」とバイク屋の親父たちに言ってやりたいです。

さらに呆れた事に、中古バイクが古いのに妙に高値が付けられているので調べたら、ボッタクリという言葉すら控えめなくらい、ボッタクッて居ました。


例えば250ccでも新車バイクは60万円以上しますが、5年落ちくらいで45万以上、10年落ちでも30万か40万で売られています。

さぞ買い取り価格が高いのだろうと思いきや、検索上位に出てくる有名バイクショップは、新車同然でも「5万円」とかで買い取っているそうです。

すこしでも傷があったら平気で「1万円」のような買取価格を提示し、それでいて中古車として店で売るときには、買い取った数十倍の価格で販売しています。

 

バイクを買ったらバイク屋に骨までしゃぶられる

中古バイクには中古自動車と違ってまともな中古車市場がないので、「嫌ならよそに行けよ、どうせ同じだけどな」という事であり、バイクは買った瞬間に「査定ゼロ」になる乗り物なのです。

昔バイクブームの頃はここまで酷くは無く、Z400FXを買って2年後に売ったときは、購入価格より高値でバイク屋に売れました。

どうもバイクブームが去ってから、「少数の客から絞れるだけ搾り取ろう」という事になったようで、さらにバイク離れを加速させてしまっています。


こんな訳でどうやったらボッタクリ被害に遭わずに済むかを考えたら、新車を買ってメーカー保証をつけ「メーカー保証」を盾に修理を断れない状況にするしかない。

中古で手放すと「5千円」などの買取価格を提示されるのが目に見えているので、新車で買って乗れるまで乗って、動かなくなるまで乗り潰すしかない。

バイク屋は信用できないので、本格的な修理以外は自分でやり、修理が必要ならバイク屋ではなくメーカーと直接交渉したほうが良い。


だがバイクとはそこまでして乗らなくてはいけない物だったのだろうか?

どうしてここまで腐りきった業界になってしまったのだろうという疑問が残る。