ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

タリーズでコーヒー豆を買ってみた ドトールと比較


スポンサー リンク


200g1,050円という高価なコーヒー豆に期待は膨らむ

f:id:nonoty32a:20170329150649j:plain

 

タリーズvsドトール

去年「ドトールのコーヒー豆を買ってみた」という記事を書き、美味しかったのでその後数ヶ月間飲み続けた。

ドトールのコーヒー豆はそこら辺のスーパーで売られている豆とは段違いに美味しく、店で飲むのと同じクオリティでした。

店で使ってるのと同じ豆なのであたり前なのだが、他の店で売られている豆はどうなんだろうと気になった。

 

春場所の力士たちが居たが通り過ぎる

f:id:nonoty32a:20170329150853j:plain


ドトールのブレンド(マイルドブレンド)は870円だが、タリーズのは1050円、スタバも1050円する。

ドトールは毎月の感謝デーに10%引きなのでその日は790円で購入でき、260円もの価格差がある。

「それほど高いのに売れているなら、ものすごく美味しいんじゃないだろうか」と考えた訳です。

 

タリーズでコーヒー豆を買って帰る

f:id:nonoty32a:20170329151109j:plain


ネット環境のテストでタリーズに行ったので、ついでに「ハウスブレンド」というブレンドコーヒーを購入して帰宅しました。

タリーズとスタバには数え切れないほどコーヒーの種類があるのだが、一番普通のブレンドっぽいのにしました。

だって普通のブレンドコーヒーを注文してまずかったら、その店で何を頼んでも不味いに決まっているからです。

 

ハウスブレンドをペーパーフィルター用に挽いて貰った

f:id:nonoty32a:20170329151231j:plain

 

対決は予想外の結果になった

公平を期すためにコーヒー豆の注文方法は同じにし、店員に聞かれるままに「ペーパーフィルターです」と答えて挽いてもらった。

タリーズの豆はペーパーフィルターと説明したにも関わらず、片栗粉のように細かく挽かれていた。

入れる器具や方法もまったく同じにし、普通のやかんで適当にお湯を沸かし、一度コップに移して温度を下げてから、適当に抽出した。

 

挽き方が細かすぎて片栗粉っぽいのが気になる

f:id:nonoty32a:20170329151350j:plain


まず少量のお湯をそそいで「蒸らし」をするのだが、この時点でドトールとははっきり違いがでた。

ドトールの豆はお湯を注ぐと餅のようにふっくら膨らむのが特徴で「ぶつぶつぶつ」という細かい気泡がシュワーっと膨らむがタリーズでは気泡がない。

気泡が出ず膨らまないのは豆を焙煎してから日にちが経っているからだと考えられ、酸化した状態になっているのだろう。

 

ペーパーフィルターに一杯分を入れる

f:id:nonoty32a:20170329151457j:plain


ここで説明するとドトールは国内企業で、当たり前だが日本国内に焙煎工場があり、国内焙煎している。

だがタリーズやスタバのような国際企業はどこかの国で焙煎したものを日本に輸送して店舗に配っていると言われている。

実際どこでいつ焙煎したのかは不明だが、膨らみと気泡を比較すれば。焙煎して時間が経っているのは明白です。

 

蒸らすがまったく泡立たないし膨らまない

f:id:nonoty32a:20170329151539j:plain


コーヒー豆は女子高生(?)や生菓子と同じくらい生ものなので、時間が経つと酸化して品質が落ちてしまいます。

焙煎して挽いた豆が本当に美味しいのは当日で、一週間くらいはまあまあ美味しく、一ヶ月経つと気泡すら出なくなる。

それはともかく淹れたコーヒーを飲んでみると、タリーズは挽き方が細かすぎて苦いのはともかく、クリアーな感じがしない。

 

お湯を入れるが気泡が無く膨らまない状態

f:id:nonoty32a:20170329151652j:plain


クリアーな感じは伝え難いが、新しい豆だと「飲みやすくて変な味が混ざっていない」感じがします。

ここでもタリーズの豆は日にちが経っている感じが否めず、100人が飲み比べたら100人ともドトールが美味しいと言うでしょう。

というわけでタリーズvsドトールは比較するまでもなく、ドトールの完全勝利に終わりました。

 

飲んでみると雑味が濃く、低品質な印象

f:id:nonoty32a:20170329151818j:plain


タリーズの豆を買って美味しいと思っている人は、一回ドトールのを買ったほうが良いです。

 

ドトールと比べてみる

以前買った時のドトールの豆、かなり挽き方が粗いのが分かる。

f:id:nonoty32a:20160608130645j:plain

 

 お湯を注ぐと餅のように膨らむので、表面が「水たまり」にならない

f:id:nonoty32a:20160608130831j:plain

 

 ドトールの豆で抽出したコーヒーはとてもクリアーな味

f:id:nonoty32a:20160608131021j:plain

 

ドトールの豆を買った時の感想