ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

平凡だが面倒で割に合わない、事が独立に向いている


スポンサー リンク


多くの独立起業は面倒な事を、面倒臭がりな人に代わってやっている

f:id:nonoty32a:20170319171149j:plain

 

平凡を極めると非凡になる

起業、独立、副業など会社に頼らず収入を得る人が増えているが、上手く行く人には共通点があるといわれています。

一つ目は意外にも飛びぬけた技術や能力を持っているわけではなく、まあその道では普通かなという人が多い。

例えば料理人で日本一とか世界一を自負する人はたいていホテルの料理長とかで、独立とかは余りしません。


金だけを考えたら大きな会社に雇われたほうが確実に稼げるし、失敗リスクを負わずに済みます。

もし自分の店を持って失敗したら今までの蓄えがパーになり多額の借金まで背負ってしまいます。

という訳で自分の店を持つ人は超一流ではないし、そこそこの技術である場合が多いです。


食べた印象も美味しいけれども普通かなという場合が多く、むしろその方が長続きします。

分野に関わらず独立して長く続けている人は、実はその分野で超一流という訳ではないのがほとんどです。

二つ目は見た感じ、あまり効率的に仕事をしておらず、傍目にも無駄が多いように見える。


一見逆なようですが、長く続いているラーメン屋や飲食店は、100年前と同じやり方であまり進歩が見られません。

業務を効率化してITとか導入したりする人ほど、はやく潰れていく印象すらあります。

業務を効率化できるような職業では、そもそも起業や独立に向いていない事が多いという裏返しでもあります。

 

「面倒な事」が金になる

効率化は大企業の得意分野であり、もしラーメン屋を完全に自動化できるのなら、もはや個人のラーメン屋は必要なくなります。

個人のハンバーガー屋が存在し得ないのは効率化が可能だからで、ラーメン屋の親父が味で勝負できるのは、効率化が困難だからです。

平凡な事を極めると非凡になり、機械やITによる効率化が不可能、こういう分野では個人の努力で独立してやっていく事が可能です。


例えば床屋で髪を切る作業は今後数十年は機械にはできない筈で、まず自動化されないので上手くやれば自営でやっていけます。

効率化できない作業は別な言い方をすると、面倒くさくて割りに合わない事で、「こんな料理は自分にも作れる」と思っても実際は面倒なので滅多にやりません。

バイクや自転車をタダ同然で買い取って販売する店が大阪には多いですが、これも面倒くさい作業の連続です。


壊れた自転車なんてのは無料で入手できるし、動かないバイクも手に入るが、それを商品として売れるようにするには、バカバカしいほどの手間が掛かるでしょう。

バカバカしくて面倒くさいから大企業は決して参入せず、彼らは食べていけるわけです。

例えばボロい一軒家を100万円以下で買い取っては数百万円で転売している人が居て、年間かなり儲けています。


だがボロ家を売れるようにするには自分で雨漏りや水道管の水漏れ、害虫退治やペンキ塗り、壁の張替えなどを手間隙かけてやっているそうです。

そんなバカバカしい作業は普通、業者に電話してやってもらうものですが、自分でやる事で自分の儲けになります。

個人で大企業に伍してやっているのは、こういう面倒くさい事を厭わないからです。

 

壊れた放置バイクなんかたとえ技術があっても触りたくないが、だからこそ金になる要素がある

f:id:nonoty32a:20170319173819j:plainバイク廃車.com http://819haisha.com/wp-content/uploads/2013/10/0913.jpgより引用

 

 

効率の良い商売は、すぐ終わる

ところがサラリーマンとして優秀な人ほど「なるべく効率的に無駄が無い職業はないか」など逆の事を考えるのです。

見た事があると思いますが、「寝ていてもお金が自動的に増えていく方法」とか「自分は美味しい所だけ頂いて、面倒な作業は外注でやらせる」的な事です。

例えばブログを書くのに一文字0.5円で外注に出して、自分は広告費を貰うだけみたいな商売をしている人が居て、上手く行っている場合もあるようです。


別に否定はしませんが「それ、あんたじゃなくても誰にでもできるよね。」と一言忠告したいです。

寝ていても自動的にお金が増える仕組みがあったら、最終的にはその人でなくても、誰がやっても同じになります。

それなら大企業やたくさんお金を持っている人が有利であり、先日「キュレーション(まとめ)サイト騒動」を起こしたDenaのような有力企業の出番になり個人の出る幕ではありません。


「はちま寄稿」という有名なまとめサイトは最初個人ブログだったが、その後DMMという会社が買収して、現在は企業間で土地転がしのように転売されています。

他のまとめサイトもそうですが、楽して稼げる効率化された仕事では、結局個人の出る幕はないのです。

ITとかネットワークを駆使して効率的にお金を稼ぐ方法は、サラリーマンとして優秀な人ほど飛びつきますが、それでは決して長く食べていけません。


他人が嫌がるような面倒な事を、他の人よりうまくやり、お金に結びつけた人が、結果として独立後に長くやっているようです。

効率化できない面倒な仕事が起業に向いていると書きましたが、だからこそ効率化が必要になります。

何でも完璧にやろうとしても、1人社長では限界があるので、ほど良く適当にサボり、それでいて客を満足させないと行けません。


サボりすぎれば相手にされないし、真面目すぎれば作業に忙殺されて金にならないでしょう。

こういう事を適当にバランスを取りながらこなすのが、現実世界です。